相模原市 の手コキ風俗店

相模原市のジャンルでお店を選ぶ

オナクラ 手コキ

エステ 回春

M性感 痴女

フェチ マニア

相模原市の在籍女性の年齢層でお店を選ぶ

10代 20代

20代 30代

人妻 熟女

相模原市のお店のタイプで選ぶ

デリバリー

受付あり

待ち合わせ

店舗型

相模原市でプレイ・オプションから選ぶ

手コキ風俗「おすすめ店!」PR

相模原市に派遣可能な手コキ風俗店からお知らせ

相模原市に派遣可能なオススメ女性

アロマエステ横浜

ねる(31)

華のあるセラピスト

エステ・回春

横浜発

アロマエステ横浜

今日子(29)

エステの資格

エステ・回春

横浜発

相模原市 の手コキ風俗店

癒し系ハイブリッドSPA

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~翌5:00 70分 / 10,000円~ 相模原発・近郊 出張 080-7065-9299

相模原市に別エリアから派遣可能な手コキ風俗店

アロマエステ横浜

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌4:00 60分 / 14,000円~ 神奈川県全域出張 (相模原市 派遣OK) 出張 0120-687-500

最高級出張風俗エステ 横浜 新横浜発!回春 性感 出張 風俗 アロマエステ マッサージ デリヘル 風俗アロマエステ横浜。基本サービスは風俗アロマエステ・性感マッサージ・ローションハンドサービス・手コキ・言葉責めなどのプレイになり

関東神奈川県横浜市港北区新横浜駅 エステ・回春 10,001円以上 アラサー 出張

アロマ新横浜

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 12,000円~ JR新横浜駅 徒歩5分 (相模原市 派遣OK) 出張 045-478-0816

アロマオイル使用マッサージを、横浜・新横浜・世田谷区のご自宅やホテルへ出張いたします

関東神奈川県横浜市港北区新横浜駅 エステ・回春 10,001円以上 アラサー 出張

アロマティック新横浜

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~翌5:00 70分 / 17,000円~ JR新横浜駅 (相模原市 派遣OK) 出張 0120-109-200

横浜市全域!派遣型・高級アロマ・アロマティック新横浜

関東神奈川県横浜市港北区新横浜駅 エステ・回春 10,001円以上 アラサー 出張

アロマ町田

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~翌4:00 60分 / 12,000円~ 町田発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 045-478-0651

町田発回春出張マッサージメンズエステ|町田市全域にデリバリーいたします。 アロマオイルを使用してボディマッサージ、フットマッサージ、ヘッドマッサージ、性感回春施術を、 町田のご自宅やホテルへ出張デリバリーしマッサージを行なう

関東東京都町田市町田 エステ・回春 10,001円以上 アラサー 出張

川崎痴女性感フェチ倶楽部

M性感・痴女 (手コキあり) 9:00~翌3:00 60分 / 16,000円~ 川崎発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 044-222-2400

手コキが1番!見た!で「女性指名料2,000円を完全無料」

男の潮吹きや、前立腺刺激によるドライオーガズムによって、普段の射精の100倍気持ち良いと言われる強烈な快感にチャレンジ出来ます!男性のGスポットと言われる前立腺で、女性レベルの「イク」を体験!

関東神奈川県川崎市川崎区川崎京急川崎駅 M性感・痴女 10,001円以上 アラサー 出張待ち合わせ 割引

Eureka! EGOIST~エゴイスト~・美とエロスの饗宴

エステ・回春 (手コキあり) 12:00〜last 80分 / 22,000円~ 八王子発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 042-641-0871

見つけてください あなたの悦びを あなたの一番を 上質な大人の時間を共に過ごす。 綺麗でたおやかな日本人セラピストによる 美とエロスの饗宴がはじまる

関東東京都八王子市八王子 エステ・回春 10,001円以上 若い女の子 出張

川崎・倶楽部フローラ

M性感・痴女 (手コキあり) 13:00~翌3:00 60分 / 13,000円~ 川崎駅発・川崎駅周辺 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 044-223-8331

チ〇ポ狂いのお姉さん達とエロい3Pプレイ

川崎で10年以上営業を続けている老舗店★川崎デリヘルの王道・本格派痴女の誘惑店★お姉様系、人妻の本気の吐息…変態の為の風俗店★関東の風俗を根本から変える感動の痴女店★M性感の真髄を存分に味わって下さい 

関東神奈川県川崎市川崎区川崎京急川崎駅 M性感・痴女 10,001円以上 人妻・熟女 出張待ち合わせ 割引

横浜痴女性感フェチ倶楽部

M性感・痴女 (手コキあり) 9:00~翌5:00 60分 / 16,000円~ 神奈川県横浜市出張 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 045-231-2319

エッチな痴女がトップレスで上半身を舐めまくりながら、男の潮吹きを楽しめるM性感専門店

関東神奈川県横浜市中区関内阪東橋伊勢佐木長者町黄金町 M性感・痴女 10,001円以上 アラサー 出張待ち合わせ

フェアリーズ

手コキ・オナクラ 11:00~翌5:00 20分 / 2,400円~ 神奈川県横浜市中区出張 (相模原市 派遣OK) 出張 045-315-3399

ドキドキふわり娘

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌6:00 45分 / 8,000円~ 神田発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 080-4097-9998

女の愛情

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~24:00 70分 / 12,000円~ 町田発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 042-705-9896

アロマヘブン

エステ・回春 (手コキあり) 9:30~翌2:00 60分 / 13,000円~ 八王子発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 042-786-0087

ピュアエンジェル

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌3:00 60分 / 13,000円~ 立川発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 042-521-3039

横浜JKプレイ

手コキ・オナクラ 11:00~翌5:00 20分 / 3,000円~ 横浜関内発 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 045-253-7575

神奈川★出張マッサージ委員会

エステ・回春 (手コキあり) 17:00~翌5:00 60分 / 9,000円~ 横浜発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 045-315-5146

新横浜やすらぎ

エステ・回春 (手コキあり) 9:30~翌4:00 70分 / 17,000円~ 新横浜発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 045-444-1216

エステdeシンデレラ横浜

エステ・回春 (手コキあり) 8:30~翌4:00 50分 / 11,000円~ 横浜発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 045-548-9105

パンドラの錯乱

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌5:00 60分 / 18,000円~ 横浜発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 03-6277-0939

アイドルリフレ厚木

エステ・回春 (手コキあり) 9:30~翌4:00 20分 / 3,000円~ 厚木発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 046-280-5811

厚木エレガンス~Elegance~

SMクラブ (手コキあり) 10:00~翌4:00 80分 / 20,000円~ 本厚木発・近郊 (相模原市 派遣OK) 出張 046-240-7485

サブコンテンツ
相模原市エリアの特徴

相模原市(さがみはらし)は、神奈川県北部にある市。政令指定都市である。 人口は約72.5万人。緑区、中央区、南区の3区で構成される。 概要 相模原市は、神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁しており、2007年3月11日の2町の編入合併により人口は70万人を超え、全国の市で第18位である。 相模原市が市制施行されたのは1954年だが、第二次世界大戦後に純粋に市制施行された都市の中では最も人口が多い。 2010年3月末までの政令指定都市移行と、首都圏サミットへの参加を目指していたが、2009年10月2日に原口一博総務大臣が必要な作業に入るよう指示し、その後、10月23日の閣議で相模原市を2010年4月1日を以て政令指定都市に昇格させることが決定された。 非道府県庁所在地では5番目の人口、戦後に市制施行された都市では初の政令指定都市の誕生となり、2009年4月1日に移行した岡山市に次ぐ19番目の政令指定都市(緑区・中央区・南区の3区制)へ移行した。これにより、神奈川県は全国で唯一の3つの政令指定都市を持つ都道府県となる。2021年時点の人口は鳥取県・島根県・高知県・徳島県を上回る72万人。 1930年代以降に陸軍の施設や士官学校などが地価が安く、広大な土地が確保出来る相模原市に移転してきたことから、太平洋戦争にかけて軍都として発展してきた。戦後は陸軍の施設は相模総合補給廠などの在日アメリカ軍の施設に転換され、今なお残っている。そのうち一部は返還され、公園や学校、JAXA相模原キャンパスなどに再開発された。また、戦後は内陸工業都市や東京都心からの近さから東京のベッドタウン・住宅都市としての性格も持っている。 経済面や鉄道・道路などの地理上、県内他市よりも東京都、特に町田市や八王子市など多摩地域とのつながりが強い。また、首都圏南西部の核として国から位置づけられている(首都圏業務核都市指定都市)。市では首都圏南西部をリードする広域交流拠点都市となるべく、相模原駅北部の相模総合補給廠の一部返還地域に「さがみはら新都心」の形成を目指している。しかし、東京の副都心がある新宿駅まで電車で35-40分程度(相模大野駅より小田急小田原線の快速急行あるいは橋本駅より京王相模原線経由京王線の特急の場合)であり、産業構造の転換により市内の大型工場の撤退が相次いだことで、東京のベッドタウン・衛星都市としての面が一層強まっており、政令指定都市の中では業務機能の集中は弱いのが現状である。2015年における東京都への通勤・通学者の割合は24.6%であり、いわゆる「神奈川都民(相模原都民)」が多い。昼夜間人口比率は88と政令指定都市でありながら、東京のベッドタウンとしての側面が強いため、100を下回っている。 業務機能の集積が弱いため、中心市街地法で都市核が複数(橋本・相模大野)認められている都市である。橋本・相模大野はそれぞれ市の北部・南部の商業・交通の拠点地域としての性格を持つ。当市以外で複数の都市核が認められているのは静岡市、福岡県北九州市、熊本市の3市のみである。また、旧市域は概ね3地区に分けられている(橋本を中心とした北部地区<相模原北警察署管内>、相模原駅付近・中央地区を中心とした中部地区<相模原警察署管内>、相模大野を中心とした南部地区<相模原南警察署管内>)。 交通 橋本駅はJR横浜線、相模線及び京王相模原線が通る。 相模大野駅は小田急小田原線及び江ノ島線が分岐する。 JR横浜線が通る相模原駅は相模原市役所の最寄駅である。 鉄道 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本) JH横浜線 古淵駅 - 淵野辺駅 - 矢部駅 - 相模原駅 - 橋本駅 ■相模線 相武台下駅 - 下溝駅 - 原当麻駅 - 番田駅 - 上溝駅 - 南橋本駅 - 橋本駅 JC中央本線 相模湖駅 - 藤野駅 KeioRailway logo.svg京王電鉄(京王) KO相模原線 橋本駅 OdakyuGroup logo2.svg小田急電鉄(小田急) OH小田原線 相模大野駅 - 小田急相模原駅 OE江ノ島線 相模大野駅 - 東林間駅 中心となる駅:相模原駅 主要部へのアクセス 日中の東京・横浜方面への所要時間は以下のとおりである。なお、朝夕の通勤時間帯には5〜25分程度所要時間が余計にかかる場合もある。なお、ここでは中心市街地と認定されている地区の駅である橋本駅と相模大野駅を取り上げる。 橋本駅 東京方面 橋本 - 新宿(京王相模原線 特急で37分) 橋本 - 明大前乗換 - 渋谷(京王線特急+京王井の頭線急行で約40分 ※乗換時間を含む) 橋本 -新宿乗換- 東京(京王線特急+JR中央線快速電車で約55分 ※乗換時間を含む) 橋本 - 笹塚乗換 - 本八幡・京成八幡乗換 - 成田空港(京王線準特急+京王新線・都営線急行+京成本線特急で約2時間20分 ※乗換時間を含む) 横浜方面 橋本 - 新横浜(JR横浜線快速で約35分) 橋本 - 横浜(JR横浜線快速で約45分) 相模大野駅 東京方面 相模大野 - 新宿(小田急線快速急行で約35分) 相模大野 - 下北沢乗換 - 渋谷(小田急線快速急行+京王井の頭線急行で約35分 ※乗換時間を含む) 相模大野 - 新宿乗換- 東京(小田急線快速急行+JR中央線快速電車で約60分 ※乗換時間を含む) 横浜方面 相模大野 - 町田乗換 - 新横浜(JR横浜線快速で約35分 ※乗換時間を含む) 相模大野 - 大和乗換 - 横浜(小田急江ノ島線快速急行+相鉄線特急で約35分 ※乗換時間を含む) 鉄道計画 東海旅客鉄道 リニア中央新幹線の品川・名古屋間が2027年に開業予定。2013年9月に詳細なルートが公表された。神奈川県内の駅が橋本駅の南側、神奈川県立相原高等学校の旧校地に、車両基地が緑区鳥屋に設置される。相模原市内は車両基地付近、相模川(小倉橋)付近、道志川(緑区青山)付近を除いて全線地下で敷設されるが、深度40メートル以内のため、「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」は適用されない。リニア新駅設置と連動して東海道新幹線新駅を倉見駅に誘致する計画が神奈川県主導で行われている。なお、相模原駅周辺の二つの地区自治会連合会から米軍補給廠跡地を活用した相模原駅への誘致を求める要望書が提出されていたが、米軍補給廠は全面返還されるわけではないため非現実的であり、相模原駅案は立ち消えとなっている。 小田急電鉄 小田急多摩線が、東京都多摩市にある現在の多摩線の終着駅である唐木田駅から相模原駅を経由して、上溝駅まで延伸する計画がある。この計画が実現すれば、小田急小田原線、小田急江ノ島線、京王相模原線と共に都心西部に繋がる動脈になる。また、相模原駅で横浜線と交差する場合には在日米軍基地相模総合補給廠を縦貫しなければならないが、想定しているルート(旧県道上溝立川線)については2014年9月30日、日本に返還された。上溝から先、愛川町方面まで延伸する構想もある。小田急多摩線が延伸すると、小田急電鉄の全ての路線が相模原市を通ることになる。 東日本旅客鉄道 横浜線の橋本駅から矢部駅までのうち、相模原駅を中心とする3.7kmを対象とした連続立体交差化の計画がある。 相模線で、上溝駅と南橋本駅との間に作ノ口駅、相武台下駅と下溝駅との間に上磯部駅の設置が検討されている。また、全線にわたる複線化と編成車両数の増強への要望があるが、橋本駅付近の立体交差(ふれあい立体)や上溝駅新駅舎は複線化を考慮しない構造で設計されるなど実現の目途は立っていない。 相模原新交通(仮称) 相模原市が主体となって、相模大野駅を基点とし、麻溝台を経由し、原当麻駅に至る新交通システムの導入が検討されていた。当初はバス・ラピッド・トランジット(BRT)の導入を検討していたが、沿線住民の反対意見が多く撤回した。 上記の経緯を踏まえて相模原市は「新しい交通システム導入検討委員会」を新たに設置し、交通形態の選定について引き続き協議していたが、相模原市行財政構造改革プラン(令和3年4月策定)に基づき計画は廃止された。 計画が中止になった鉄道路線 南津電気鉄道 1924年、南多摩郡多摩村関戸(現在の聖蹟桜ヶ丘駅)から絹の道鑓水地区を経由して津久井郡川尻村(旧・城山町)までを結ぶ南津電気鉄道(南津は「南多摩郡」の「南」と「津久井郡」の「津」の意)の敷設も計画された。東京都八王子市の『絹の道資料館』近くには「鑓水停車場」と書かれた石碑が建っている。 相武電気鉄道 1927年、相武電気鉄道が設立され、鶴川駅から淵野辺駅・上溝駅を経由して、田名方面まで鉄道を建設する免許を取得し、(神奈川県道・東京都道57号相模原大蔵町線とほぼ並行している)第1期線である淵野辺 - 田名間で工事に着工したが、恐慌による資金難によって断念し、解散を余儀なくされてしまった。 西武多摩川線 1960年代に、西武多摩川線は、多摩ニュータウンへのアクセス路線として是政から多摩川を渡り、多摩ニュータウンを経て橋本まで延長する計画があったが、都心との連絡に当時輸送力が逼迫した中央線を経由する必要があったため、この計画は中止となった。 小田急多摩線城山中央延伸計画 小田急多摩線は、当初多摩センターから京王線の北側を通り、橋本で横浜線と直交し、旧・城山町の城山中央駅(仮称)まで延伸する計画で、1966年に免許を取得したが、京王線と平行し、採算が取れない可能性が非常に高かったため、1987年に免許を失効させた。 京王相模原線相模中野延伸計画 京王相模原線は、橋本駅より旧・津久井郡方面の相模中野(緑区中野、計画当時は津久井町)周辺まで延伸する計画があり、小田急と同じく1966年に免許を取得し用地買収も進めていたが、建設を断念、1988年に免許を失効させた。なお、相模原市のウェブサイトには、合併後のマスタープランにこの計画に関する記事が掲載されていたが、その後削除されている。また、神奈川県鉄道輸送力増強促進会議の要望書に対して、京王電鉄は上下分離方式 での延伸に含みを残すものの「単独での建設は極めて困難」と回答しており、橋本駅開業時に京王帝都電鉄(当時)と共に用地買収を行った不動産業者も京王線橋本駅の延長線上に自社ビルを建てたり、京王も国道413号線沿いに路線用地として確保していた土地の大半を売却したりしたため、京王電鉄単独での延伸計画は中止となった。代替として津久井広域道路を活用した急行バスを橋本駅から運行させる案が浮上している。 バス 橋本駅北口バスターミナル 相模原市コミュニティバスせせらぎ号 大野北地区コミュニティバス 路線バス 一般路線乗り入れ事業者 神奈川中央交通多摩営業所 神奈川中央交通町田営業所 神奈川中央交通東・相模原営業所 神奈川中央交通東・大和営業所 神奈川中央交通東・厚木営業所 神奈川中央交通東・橋本営業所 神奈川中央交通西・津久井営業所 京王バス南大沢営業所 富士急バス上野原営業所 市内のほぼ全域を神奈川中央交通(神奈中)および、神奈中の子会社である神奈川中央交通東・神奈川中央交通西がカバーしているが、橋本駅北口およびJR相模原駅北口に京王バスが、藤野駅に富士急バスが、どちらもわずかながら乗り入れている。過去には小田急バスが市内に乗り入れていた時期も存在する。 地方公営企業(市交通局)としての公営交通の運行実績はなく、今後も新規の開設予定はない。自治体バスは旧津久井町から引き継ぎ、根小屋方面循環線「やまびこ号」(詳細は神奈川中央交通西・津久井営業所#廃止・移管路線を参照)として運行していたが、2014年4月1日付けで廃止され、同日運行開始の根小屋地区乗合タクシーに代替された。 相模原市が運行するコミュニティバスは、橋本地区の「せせらぎ号」(橋30系統 アリオ橋本 - 橋本駅南口‐北の丘センター‐相模川自然の村)、淵野辺地区の「大野北地区コミュニティバス」(淵40系統 矢部駅・相模野病院前 - 淵野辺駅北口 - 大野北地区)があり、いずれも神奈川中央交通東・橋本営業所に運行委託している。 詳細は「神奈川中央交通東・橋本営業所#相模原市コミュニティバス」を参照 市内路線の乗車方式は武相運賃地域の対キロ制で、周辺地域と同様にほとんどが運賃後払い・整理券方式の中乗り前降りであるが、一部に前払い(前乗り中降り)の路線がある。また、市内を走る路線バスでは非接触型ICカードであるPASMOとSuicaが使用できる。 2021年1月からは市内初となる連節バスが、橋本駅南口と相模原協同病院間を結ぶ急行路線で導入された。 バスターミナル 旧市内を走るバス路線の多くは相模大野駅、JR相模原駅、橋本駅、淵野辺駅、上溝、小田急相模原駅、田名バスターミナル、座間市内の相武台前駅をターミナルとして、それぞれの駅相互間や市内中部域などへ路線を運行して鉄道の空白を補完している。また、北里大学病院・北里大学も各駅発着路線の交通結節点の機能を持つ。以前は旧上溝(現:上溝中央バス停)や国立相模原病院にもターミナル機能があったが、バス路線の再編によってターミナルとしての役割は大幅に低下した。一方で、橋本駅、JR相模原駅、淵野辺駅、古淵駅などからは東京都町田市中部および西部や八王子市南部付近をエリアとする路線も発着しているほか、境川沿いを中心とした町田市との境界付近では、町田街道を走行する町田 - 橋本駅・淵野辺駅などの町田駅発着路線や橋本駅 - 相原 - 法政大学・大戸などの路線も利用される。 都市間バス 市外への長距離路線としては、淵野辺駅から上溝・田名を経て愛川町の半原へ向かう路線や、橋本駅より八王子駅、本数は少ないものの相模原駅から南大沢駅を抜け聖蹟桜ヶ丘駅(東京都多摩市)へ抜ける路線などが運行されている。以前はJR相模原駅および上溝、原当麻駅、相模大野などから本厚木駅(座間経由および依知経由)や愛川町役場へ向かう路線も運行されていたが、数次の路線再編によって座間経由本厚木行きの路線や愛川町役場行きの路線は廃止、依知経由本厚木線は短縮されて原当麻駅からの発着となっている。 緑区の旧津久井郡地域では、橋本駅より旧城山町・津久井町への路線を数多く運行しているほか、緑区三ケ木(みかげ)に置かれた営業所(津久井営業所)をターミナルとして、相模湖駅、愛川町半原、清川村宮ヶ瀬などを結ぶ路線を運行している。また、旧藤野町域では藤野駅からの路線が主体となる。かつては三ヶ木から八王子駅、本厚木駅、平塚駅などへの長距離路線が運行されていた。1999年、不採算路線維持のために津久井神奈交バスが設立され、主に三ヶ木以西の路線が移管された。2002年以降、津久井営業所管内で数次にわたる路線の再編・廃止が進み、2004年9月には大幅な路線再編が行われた。2005年4月に神奈川中央交通は津久井営業所を相模原営業所に統合、および津久井神奈交バスに全面委託し、三ヶ木操車場・城山操車所に再編している。2017年1月には神奈川中央交通グループの乗合バス事業再編に伴い、委託先が津久井神奈交バスから神奈川中央交通西に変更となった。 道路 高速道路 中央自動車道:相模湖東出口 - 相模湖IC -(藤野PA)(中日本高速道路) 圏央道:相模原IC - 相模原愛川IC 国道 国道16号(東京環状)※ 国道20号(甲州街道)※ 国道129号(大山道) 国道412号(津久井道) 国道413号(津久井街道・道志みち) ※印のものは相武国道事務所の管轄である(そのほかは政令市である相模原市による管理)。 県道 神奈川県道35号四日市場上野原線 神奈川県道46号相模原茅ヶ崎線 神奈川県道48号鍛冶谷相模原線 神奈川県道51号町田厚木線(行幸道路) 神奈川県道52号相模原町田線(北里通り) 神奈川県道54号相模原愛川線 神奈川県道・東京都道57号相模原大蔵町線(芝溝街道) 神奈川県道60号厚木津久井線 神奈川県道63号相模原大磯線 神奈川県道64号伊勢原津久井線(宮が瀬レイクライン) 神奈川県道65号厚木愛川津久井線(旧津久井街道) 神奈川県道76号山北藤野線 神奈川県道502号淵野辺停車場線(こと座通り) 神奈川県道503号相模原立川線 神奈川県道504号相模原停車場線(さがみ夢大通り) 神奈川県道505号橋本停車場線 神奈川県道506号八王子城山線 神奈川県道507号相武台相模原線(村富線) 神奈川県道508号厚木城山線(旧大山道、旧国道129号) 神奈川県道509号相武台下停車場線 神奈川県道510号長竹川尻線 神奈川県道511号太井上依知線 神奈川県道513号鳥屋川尻線 神奈川県道514号宮ヶ瀬愛川線 神奈川県道515号三井相模湖線 神奈川県道516号浅川相模湖線 神奈川県道517号奥牧野相模湖線 神奈川県道518号藤野津久井線 神奈川県道519号相模湖停車場線 神奈川県道520号吉野上野原停車場線 神奈川県道521号佐野川上野原線 神奈川県道522号棡原藤野線 神奈川県道523号藤野停車場線 神奈川県道525号府中相模原線 林道 早戸川林道 荒井林道 奥野林道 伊勢沢林道 東南林道 神の川林道 緑道 相模緑道緑地 灌漑用水路(畑かん水路)の「東幹線用水路」と「東幹線用水路大野支線」を歩行者と自転車のみ通行可能な遊歩道・緑道として神奈川県が整備(現在の管轄は相模原市)。隣接する大和市の大和歩行者専用道から続いており、相模原市内では延長約10.5kmである。 さがみの仲よし小道 相模緑道緑地と同様に灌漑用水路「西幹線用水路」を遊歩道・緑道として整備。計画延長約5kmのうち2004年時点で約3.5kmが整備済みである。座間市にもまたがる。名称は一般公募による。 道路計画 建設中および計画中 津久井広域道路 旧相模原市域と旧津久井郡4町を結ぶ道路で、国道412および413号線のバイパス機能も担う。圏央道(さがみ縦貫道路)のアクセス道路として建設が進められ、橋本五差路 - 根小屋(県道65号線との交点)間と勝瀬橋付近(旧勝瀬橋の架け替えに伴う)では既に部分供用されている。ルートは国道16号線橋本五差路から新小倉橋を通り、圏央道(さがみ縦貫道路)相模原ICにアクセスし、国道412号線、国道413号線と交差し、勝瀬橋を通って中央道相模湖IC付近に接続する予定となっている。しかし、都市計画道路城山津久井線を延長する形で区間に組み入れられた根小屋(県道65号線との交点) - 青山(国道412号線との交点)以西は都市計画決定されていない。 観光 無量光寺 諏訪明神 旧中村家住宅 小原宿本陣 三井大橋(津久井湖) グリーンハウス(相模原公園) 相模原公園と一体に整備されている相模原麻溝公園の展望台 相模湖(相模湖公園) 名所・旧跡 主な城郭 津久井城 淵野辺城 矢部城 主な寺院 月光院 観心寺 幸延寺 向得寺 東沢寺 無量光寺 主な神社 有鹿神社奥宮 大石神社 - 人形浄瑠璃が名物。 亀ヶ池八幡宮 諏訪明神 田名八幡宮 氷川神社 三嶋神社 村富神社 主な古墳 当麻東原古墳 当麻谷原古墳 主な遺跡 勝坂遺跡(国の史跡) 川尻石器時代遺跡(国の史跡) 小保戸遺跡 寸沢嵐石器時代遺跡(国の史跡) 田名向原遺跡(国の史跡) 主な史跡 石井家住宅(国指定重要文化財) 旧中村家住宅 街道 甲州街道 (八王子市)- 小原宿 - 与瀬宿 - 吉野宿 - 関野宿 -(上野原市) 観光スポット 建築 三井大橋(かながわの橋100選) 公園 県立相模原公園 市立鹿沼公園 市立相模原麻溝公園 相模原麻溝公園競技場(相模原ギオンスタジアム) 市立相模原北公園 市立淵野辺公園 市立淵野辺公園アイススケート場・水泳プール(銀河アリーナ) 市立相模原球場(サーティーフォー相模原球場) 市立道保川公園 相模原市立総合体育館 市立総合水泳場(さがみはらグリーンプール) 県立津久井湖城山公園 県立相模湖公園 レジャー・自然 相模川 津久井湖 宮ヶ瀬湖 相模湖 さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト 城山 市立自然の村(相模川自然の村) 石老山 陣馬山 道志川 早戸大滝(日本の滝100選) 文化・名物 市民桜まつり 相模川に5本のワイヤーを渡し約1200匹の鯉のぼりが泳ぐ「泳げ鯉のぼり相模川」 祭事・催事 的祭 - 1月6日。田名八幡宮で開催される。市の無形民俗文化財に指定されている。 市民桜まつり - 4月上旬(2日間)。市役所さくら通りで開催される。統一地方選が行われる年は5月中旬に若葉まつりとして開催する。 相模の大凧 - 5月(節句)。新磯地区で14.4メートル四方の大凧があげられる。かながわのまつり50選に選定されている。 上溝夏祭り - 7月下旬。かながわのまつり50選に選定されている。 さがみ湖湖上祭花火大会 - 8月1日。相模湖湖畔で開催される。打上玉数は5000発である。 橋本七夕まつり - 8月上旬。かながわのまつり50選に選定されている。 人形浄瑠璃 - 8月中旬。大石神社で開催される。 藤野の祭り - 8月中旬。かながわのまつり50選に選定されている。 小倉橋灯ろう流し - 8月16日。相模川の小倉橋下の河原で開催される。 納涼花火大会 - 8月最終土曜日。相模川の高田橋付近で開催される。 城山夏祭り - 8月27日、28日。川尻八幡宮周辺で開催される。 相模原よさこいRANBU! - 9月中旬。 泳げ鯉のぼり相模川 上記の他に、橋本、相模原などでねぶたカーニバルやあんどん祭りなどが開催されている。 伝統芸能 下記は、いずれも1976年(昭和51年)10月19日に神奈川県の無形民俗文化財に指定されている。 下九沢の獅子舞 - 8月下旬に下九沢御嶽神社で開催される。 大島の獅子舞 - 8月下旬に諏訪明神で開催される。 鳥屋の獅子舞 - 8月第2土曜日に諏訪明神で開催される。 スポーツ サッカー SC相模原(Jリーグ)- ホームは相模原麻溝公園競技場 ノジマステラ神奈川相模原(WEリーグ)- ホームは相模原麻溝公園競技場 バスケットボール 相模原プロセス - ジャパン・バスケットボールリーグの参加を目指しているチーム。 ラグビー 三菱重工相模原ダイナボアーズ(JAPAN RUGBY LEAGUE ONE)- ホームグラウンドは中央区の三菱重工相模原グラウンド アメフト ノジマ相模原ライズ(Xリーグ)- ホームスタジアムは南区の相模原麻溝公園競技場 サイクルロードレース TEAM UKYO相模原(JCL)