埼玉県 の手コキ風俗店

エリア内で年齢から選ぶ

10代 20代

20代 30代

人妻 熟女

埼玉県でプレイ・オプションから選ぶ

手コキ風俗「おすすめ店!」PR

埼玉県の手コキ風俗店からお知らせ

埼玉県のオススメ女性

本家ごほうびSPA 埼玉店

さち(27)

これぞごほうび的爆乳と巨尻♡

エステ・回春

大宮発

極楽ばなな埼玉店

あかり(28)

才色兼備のモデル系

エステ・回春

大宮発

un...usual(アンユージュアル)

美月(みづき)(26)

触り方がエロイ

M性感・痴女風俗

西川口発

HANDBITCH-ハンドビッチ-

まりあ(25)

礼儀正しく明るい

手コキ・オナクラ

所沢市発

極楽ばなな埼玉店

さな(36)

超濃厚×濃密施術!

エステ・回春

大宮発

アフロディーテ

令(28)

いやらしさ満点

エステ・回春

本庄市発

豆の木

ゆう(35)

癒し系かつ肉食系

M性感・痴女風俗

大宮発

un...usual(アンユージュアル)

椿(つばき)(43)

講師経験有

M性感・痴女風俗

西川口発

埼玉県の手コキ風俗店

いたずらSぽっちゃりニャン娘

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~22:00 40分 / 11,000円~ 西川口発 出張 待ち合わせ 080-5427-3775

手コキが1番を見たで入会金無料♪

ぽっちゃり専門のM性感です!手コキはもちろん、ドライや男の潮吹き、顔面騎乗など人の快感を味わってみませんか??手枷をしたら、君はただの玩具!ディープな世界を体感してみてね♪

関東埼玉県川口市西川口 M性感・痴女 10,000円以内 若い女の子 出張待ち合わせ 割引

せいかん本舗大宮 豆の木

M性感・痴女 (手コキあり) 11:00~翌5:00 50分 / 6,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-631-0808

厳選された痴女達があなたの願望を叶えます。 当店では昔ながら本物の【M性感】【SM女王様】を主体に 超良心的な価格にて痴女プレイサービスを行っております。

関東埼玉県さいたま市大宮区大宮 M性感・痴女 10,000円以内 アラサー 出張

アフロディーテ

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~24:00 100分 / 23,000円~ 埼玉県本庄市発・近郊 出張 090-1056-8585

HANDBITCH-ハンドビッチ-

手コキ・オナクラ 12:00~翌3:00 20分 / 3,500円~ 埼玉県所沢市発・近郊 出張 042-936-6223

un...usual(アンユージュアル)

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 10,000円~ 西川口発・近郊 出張 03-3635-4044

新世紀

手コキ・オナクラ 12:00~翌5:00 40分 / 6,000円~ 越谷発・近郊 出張 048-967-7723

テコキクリニック

手コキ・オナクラ 12:00~翌1:00 60分 / 8,000円~ 本庄発・近郊 出張 080-5037-4722

ビデオdeはんど西川口校

手コキ・オナクラ 9:00~24:00 30分 / 2,980円~ 西川口駅 店舗型 048-242-5701

○コキクリニック~○○クリニックシリーズ~

手コキ・オナクラ 9:00~24:00 30分 / 2,500円~ 西川口駅 店舗型 048-256-0009

マーガレット

手コキ・オナクラ 10:00~24:00 15分 / 2,000円~ 西川口 受付型 048-240-4042

西川口ハートショコラ

手コキ・オナクラ 9:30~24:00 20分 / 3,000円~ 西川口駅 待ち合わせ 受付型 048-242-0710

西川口マーメイド

手コキ・オナクラ 9:00~24:00 10分 / 2,000円~ 西川口駅 店舗型 048-252-0007

大宮HANDS(ハンズ)

手コキ・オナクラ 10:00~翌2:00 20分 / 1,900円~ 大宮発・近郊 出張 048-299-6094

AROMAGE(アロマージュ)

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~last 90分 / 18,000円~ 熊谷発・近郊 出張 048-501-0730

埼玉アロマプリンセス

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌2:00 60分 / 17,000円~ さいたま市発 出張 048-299-5918

埼玉★出張マッサージ委員会Z

エステ・回春 (手コキあり) 17:00~翌5:00 60分 / 9,000円~ さいたま市発・近郊 出張 048-780-2573

埼玉ミセスアロマ

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌2:00 70分 / 13,000円~ 大宮発 出張 048-299-6029

アロマコレクション本庄店

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌2:00 60分 / 10,000円~ 本庄発・近郊 出張 080-9680-0428

所沢アロマヴィーナス

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌2:00 60分 / 15,000円~ 所沢発・近郊 出張 04-2996-2525

アロマ de アガペ

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~24:00 100分 / 23,000円~ 熊谷発・近郊 出張 080-1295-8080

レアル西川口 王室のマッサージ

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 50分 / 9,000円~ 西川口発・近郊 出張 048-287-9981

プラチナアロマ 川越店

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌1:00 60分 / 13,000円~ 川越発・近郊 出張 049-248-4545

~愛と癒し~アモーレ

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌1:00 70分 / 11,000円~ 熊谷発・近郊 出張 070-2671-1000

シャンプー娘。 西川口店

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~24:00 40分 / 7,500円~ 西川口駅 店舗型 048-250-0001

ハイブリッドヘルス西川口

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~24:00 40分 / 12,000円~ 西川口駅 店舗型 048-271-5071

PLAISIR(プレジール)

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌2:00 50分 / 9,000円~ 西川口発・近郊 出張 048-240-5585

越谷マッサージ妻プラス

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~翌2:00 60分 / 8,000円~ 越谷発・近郊 出張 048-916-1002

テコキュート西川口店

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~翌5:00 60分 / 13,000円~ 西川口駅発・近郊 出張 待ち合わせ 048-287-3602

インテリお姉さんのMスクール

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 16,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-778-7178

SWITCH(スイッチ)

M性感・痴女 (手コキあり) 11:00~24:00 60分 / 18,000円~ 蕨・西川口発 出張 048-424-3146

M&m Maidとm男の夢物語。

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌1:00 50分 / 11,000円~ 西川口発 出張 090-9961-1458

はじめての変態M男専科

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌5:00 60分 / 16,000円~ 川越発・近郊 出張 080-4671-0932

西川口前立腺研究所

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 16,000円~ 西川口発・近郊 出張 048-287-3228

ダイアナ

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 13,000円~ 川越発・近郊 出張 04-2003-5586

悶絶痴女倶楽部Hip's(ヒップス)大宮店

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌6:00 60分 / 13,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-640-5858

痴女革命

M性感・痴女 (手コキあり) 9:30~翌4:00 60分 / 13,000円~ 熊谷発・近郊 出張 080-1043-5029

ダイアナ鶴ヶ島店

M性感・痴女 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 13,000円~ 鶴ヶ島発・近郊 出張 090-6713-5737

キレアナ 本庄

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌2:00 60分 / 16,000円~ 本庄発・近郊 出張 080-9430-2361

コインダムール埼玉

SMクラブ (手コキあり) 11:00~翌2:00 100分 / 23,000円~ 熊谷発・近郊 出張 080-1333-3535

Club Vixen

SMクラブ (手コキあり) 24時間営業 60分 / 18,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-642-0769

もも色商事

手コキ・オナクラ 9:00~翌2:00 15分 / 5,000円~ 熊谷発・近郊 出張 090-2400-0016

カメリア

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌2:00 60分 / 12,000円~ 川越発・近郊 出張 090-2406-6969

紳士の嗜み 大宮

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 16,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-856-9332

埼玉出張エステ倶楽部

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 12,000円~ 大宮発・近郊 出張 048-606-2961

アテンションプリーズ

手コキ・オナクラ 12:00~翌2:00 30分 / 5,000円~ 岩槻発・近郊 出張 080-3341-0147

アロマージュ大宮

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~23:00 90分 / 17,000円~ 大宮発・近郊 出張 待ち合わせ 048-657-3388

極上回春マッサージ

エステ・回春 (手コキあり) 12:00~翌4:00 60分 / 10,000円~ 越谷発・近郊 出張 080-7165-3800

マル熟性感倶楽部

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~22:00 60分 / 12,000円~ 大宮発・近郊 出張 待ち合わせ 048-650-4390

回春エロボディー

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 40分 / 9,000円~ 西川口発・近郊 出張 080-7348-2012

回春アナリスト本庄

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌2:00 30分 / 4,980円~ 本庄発・近郊 出張 050-5434-6221

サブコンテンツ
埼玉県エリアの特徴

埼玉県(さいたまけん)は、日本の関東地方に位置する県。県庁所在地はさいたま市。 概要 首都圏を構成し、都道府県別の人口は東京都、神奈川県、大阪府、愛知県に次ぐ全国第5位。人口密度は東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ第4位である。県の財政力指数は全国第4位。令制国の武蔵国の一部に相当する。面積は第39位で、可住地面積比率は第3位の規模である。村は、東秩父村の1村のみである。 県域は旧国名の武蔵国の北部であり、関東地方では神奈川県以外の1都4県に接する。また、中部地方では長野県、山梨県にも接する。隣に接する県の数は、長野県に次ぐ2位。日本で8つある内陸県の一つ。貿易港や臨海工業地帯を有さないものの、人口は約735万人と全国5位であり、その多くは県南東部に集中している。2015年に総務省が調査した昼夜間人口比率では、88.5%と昼間の人口流出が全国1位であり、ベッドタウンとしての性質が強い。農業産出額は第18位(2015年)であるが、北部には近郊農業が盛んな地域もあり、ネギやホウレンソウ、ブロッコリーなど産出額が全国3位以内に入る農作物もある。また、面積に占める河川の割合が多く、水の都と呼ばれる大阪府を抜き、全国47都道府県で最大の約3.9%となっている。 県西部の秩父地域は山地や丘陵であるが、それ以外の地域は関東平野の一部を成す平地となっている。東京に隣接する東南部は人口が密集し、東京から放射状に伸びた交通網に沿って首都のベッドタウンが形成されている。北部には豊かな農地が広がる。 県庁所在地であるさいたま市は内陸県にある最大の都市であり、内陸県唯一の政令指定都市でもある。北海道地方、東北地方、北関東地方、信越地方、北陸地方に至る陸路の高速交通網は本県を通っている。なかでも、新幹線など上記各地方からの主要鉄道網に関しては必ず本県の「大宮駅」を通過することから、大宮駅は本県の中心駅として認知されているだけではなく、その規模の大きさゆえに全国的にも巨大ターミナル駅として知られ、大宮エリアは「鉄道の町」との異名のもと多くの人々が行き交い、内陸部であるにもかかわらず活気ある街並みが形成されている。 名称 明治維新の1869年(明治2年)1月28日、廃藩置県によって大宮県が設置されたが、県庁は暫定的に東京府馬喰町四丁目に置かれた。8カ月後の同年9月には浦和県に改称し、さらに岩槻県、忍県と統合してできた旧埼玉県(現在の埼玉県の東側約3分の1)の設置当初、県庁が埼玉郡岩槻町(現:さいたま市岩槻区)に置かれる予定であったため、その郡名から埼玉県と名付けられた。しかし、岩槻には県庁に適した建物が無く、県庁業務は足立郡浦和宿(現:さいたま市浦和区)の旧浦和県庁舎で行われた。一方、現在の埼玉県の西側約3分の2に当たる地域は入間県となり、その後、群馬県と合併して熊谷県となるも僅か3年で熊谷県は解消され、旧入間県地域は旧埼玉県と合併して現在の埼玉県が誕生した。その際に、埼玉県の名称のまま県庁所在地も浦和宿となったため、岩槻町が実質的な県庁として機能することはなかった。1890年(明治23年)9月25日には、勅令により正式に北足立郡浦和町が県庁所在地となった。 「埼玉」の地名の発祥地は「埼玉郡埼玉村(さきたま)」(現:行田市大字埼玉)である。その名称の由来は諸説あるが、埼玉古墳群が由来とする説や、幸福をもたらす神の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説がある。奈良時代の『万葉集』に「前玉」「佐吉多万」(さきたま)という記述があり、また、平安時代の『和名類聚抄』に「埼玉」「佐伊太末」(さいたま)という郡名がみられる。当時、既に「さいたま」と呼ばれていることがわかる。大観的に「さきたま」「さいたま」どちらの発音も同義として解釈されるが、「さきたま」の方が古い語である。これは日本語発音上でのイ音便と呼ばれる変遷の一例で、大分(碩田:おおきた→おおいた)、置賜(おきたま→おいたま)なども同様の例である。 「埼玉郡」も参照 地理 旧律令国においては、現在の埼玉県の領域は大部分が武蔵国に含まれており、東端部の江戸川沿いの一部地域が下総国に含まれていた。武蔵国には東京都、および神奈川県の北東部も含まれることから、埼玉県は武蔵国の中部・北部にあたると言える。 埼玉県の形状は東西約103km、南北約52kmと東西方向に長い。日本の都道府県中面積が9番目に狭いが、最も狭い都道府県である香川県の約2倍の面積を有する。また周囲は7都県と隣接し、長野県の8県に次いで多い。 県の東側では江戸川を境に千葉県に接し、北東側には茨城県・栃木県ともわずかに接する。北側および北西側はおおむね利根川、神流川(利根川の支流)といった河川、および荒川・神流川の分水嶺を境として群馬県に接している。南側はほぼ東西に真っ直ぐに東京都・山梨県と接している。この南境は、西部では荒川と多摩川あるいは笛吹川の分水嶺にあたるが、東部では一部が荒川となっている他は河川や分水嶺などの地形に見いだすことは難しい。 埼玉県の地形は、児玉・小川・飯能を走る八王子構造線によって、その東側の平地部と西側の山岳部に分けられる。東側の平地部は古来利根川や荒川、入間川などの流域であり、低地や台地(北武蔵台地、武蔵野台地、大宮台地など)が広がるほか、一部に丘陵(比企丘陵など)もみられる。江戸時代、徳川家康により現在の古利根川の流路に近かった利根川の流路は、渡良瀬川(現在の江戸川の流路に近い)、ついで鬼怒川(毛野川)に導かれ、また現在の元荒川の流路に近かった荒川の流路は入間川に導かれ、現在の河川形態となった(利根川東遷事業)。西側の山地部は関東山地に含まれ、その中央部に秩父盆地がある。秩父盆地東側の比較的標高の低い山塊は特に外秩父山地とも呼ばれる。西側の長野県境は日本海側との分水嶺を形成しており、その南端に位置する甲武信ヶ岳は千曲川、荒川、笛吹川(富士川の支流)の源流であるとともに、埼玉県・長野県・山梨県の県境となっている。その北には県最高峰である三宝山(2,483m)がある。 中央部・西部・東部の南側の地域は首都である東京に近く、近代以降の大都市圏の拡大に伴い、1970年代を中心に急激な人口流入と都市化をみてきた。このようにして形成された市街地は、その多くがスプロール現象によるものであり、このような地域では現在も道路などの社会基盤の整備に難を抱える。 県内は首都高速・東京外環道・関越・東北・常磐・圏央道といった高速道路が多数整備されているが、一般道については十分に整備されていない地域が多く、自動車の増加や大規模商業施設の郊外立地化に伴い各地で道路渋滞が慢性・深刻化している。 県内には全国最多となる40の市があり、130万人都市であるさいたま市を筆頭に60万人都市の川口市、30万人都市の川越市・越谷市・所沢市が南部に集中するほか、20万人都市が4市、10万人都市が13市と同等の人口を持つ自治体が多数存在することも特徴として挙げられる。政令指定都市のさいたま市は合併前に旧浦和市と旧大宮市が業務核都市に指定されており、20世紀末に国などの関東地方出先機関が集まるさいたま新都心が誕生したことも重なり東京のベッドタウンでありながら関東地方において独自の重要性を持つ地域になりつつある。都営大江戸線の東所沢方面への延伸や埼玉高速鉄道のさいたま市岩槻区方面への延伸も構想されている。 埼玉県は、場面や分野に応じて北関東に区分される場合もあれば南関東に区分される場合もある。また、埼玉県は千葉県や東京都、神奈川県とともに「東京圏」を構成し、相互の通勤・通学等の流動が多いことなどを重視し、南関東に区分されることが多いが、衆議院議員総選挙における比例ブロックにおいては北関東に区分されている。 地形 県東部は関東平野のほぼ中央部に位置しており、全体的に低地で平坦な土地が広がる。利根川の分流(派川)である江戸川と利根川水系の中川が流れている他、それらの支流も数多く流れている。河床勾配が緩く、蛇行している川も多数流れることから洪水が起きやすい地域であったが、首都圏外郭放水路や権現堂調節池(行幸湖)、大相模調節池などが建設され、現在も利根川中流と江戸川上中流の堤防を拡幅強化する首都圏氾濫区域堤防強化対策などの治水事業が行われており、浸水被害は減ってきている。利根川と荒川に挟まれた地域には本庄台地や櫛挽台地からなる北武蔵台地が、荒川と中川に挟まれた地域は大宮台地が南北に広がっている。 県中部も関東平野のほぼ中央部西寄りに位置しており、荒川が流れており、荒川から西にかけて武蔵野台地、入間台地、高坂台地、東松山台地、江南台地などの台地が広がっている。ただし、台地に挟まれた地域は、荒川の支流である不老川、入間川などが流れており、周辺と比較すると標高が低い。そのため実際に令和元年東日本台風では荒川水系入間川流域の複数の河川で決壊・洪水被害も発生している。さらに西へ進むと狭山丘陵、加治丘陵、岩殿丘陵、比企丘陵などの丘陵が点在し、西に進むにつれて標高が高くなっている。 県西部は関東山地が広がっており、秩父山地に囲まれた地域では秩父地方(秩父盆地)を形成している。 分類 地名 平地 秩父盆地、関東平野(武蔵野台地、大宮台地、入間台地、江南台地、高坂台地、東松山台地、本庄台地、櫛挽台地) 丘陵 岩殿丘陵、狭山丘陵、比企丘陵、加治丘陵 山地 関東山地、秩父山地、奥秩父山地 主な山 甲武信ヶ岳、三宝山、雲取山、宝登山、両神山、伊豆ヶ岳、武甲山、三峰山、木賊山、飛竜山、和名倉山、大平山、奥秩父山塊 河川 荒川、入間川、芝川、鴨川、鴻沼川、綾瀬川、利根川、中川、笹目川、新河岸川、大落古利根川、元荒川、高麗川、霞川、江戸川、黒目川、成木川、伝右川、渡良瀬川、垳川、神流川、新方川、不老川、都幾川、柳瀬川 湖・湖沼・用水路 秩父湖、秩父さくら湖、奥秩父もみじ湖、西秩父桃湖、狭山湖、円良田湖、玉淀湖、神流湖、彩湖、宮沢湖、鎌北湖、名栗湖、別所沼、白幡沼、伊佐沼、武蔵水路、見沼代用水、野火止用水、利根大堰、六堰、首都圏外郭放水路 自然公園 分類 公園 国立公園 秩父多摩甲斐国立公園 国営公園 国営武蔵丘陵森林公園 県立自然公園 埼玉県立狭山自然公園、奥武蔵自然公園、黒山自然公園、埼玉県立長瀞玉淀自然公園、比企丘陵自然公園、上武自然公園、武甲自然公園、安行武南自然公園、両神自然公園、西秩父自然公園 地域 埼玉県には、40の市、22の町、1つの村がある。市の数40は日本の都道府県で最多、市町村数63は北海道、長野県に次いで日本国内第3位である。なお、町はいずれも「まち」、村は「むら」と読む。 郡・旧郡による区分 埼玉県 地域区分図(郡・旧郡による区分) 埼玉県には1896年以来、以下の9つの郡がおかれている。郡に含まれる地域は、市制施行や市町村合併に伴い次第に縮小しているが、現在属する郡、および過去に属していた郡による地域区分が、「○○地方」「○○地区」「○○郡市」といった名称で、教育行政等の分野で用いられることがある。(例:埼玉県内公共図書館等横断検索 ) 県東部の埼玉郡(特に南埼玉郡)と北葛飾郡については、埼葛といった名称で、区分され用いられることもある。(例:埼葛広域農道、埼葛人権を考えるつどい、埼葛テスト、埼葛斎場組合など) 北足立郡 入間郡 比企郡 秩父郡 児玉郡 大里郡(大里地域) 北埼玉郡 南埼玉郡 北葛飾郡 10地域区分 埼玉県 地域区分図(10地域区分) 現行の5か年計画「ゆとりとチャンスの埼玉プラン」(計画期間:2007年度-2011年度)で用いられているほか、2010年4月より、この10地域区分に基づく二次保健医療圏の再編が行われ、名称もプランに合わせる形で変更となった。2008年4月、上記の「地域創造センター」と「産業労働センター」とを再編する形で、政令指定都市であるさいたま市1市でなるさいたま地域を除く9地域それぞれに、「地域振興センター」が設置された。埼玉県ホームページ上の地図 気象庁による区分 気象庁では、県内を以下の通り区分して、気象情報を発表している。 南部 南中部(さいたま市・川越市を中心としてその南北に接する市町を纏めたもの、北端は北本市と川島町、南端は東京都との境) 南東部(さいたま市よりも東側にある市町と蓮田市・白岡市) 南西部(川越市よりも西側にあって秩父地方に属さない市町) 北部 北東部(行田市、羽生市、加須市、久喜市、鴻巣市) 北西部(大里・比企・児玉郡の地域に東秩父村を加え、川島町を除いたもの) 秩父地方(東秩父村を除く) 市町村一覧 太字は地域振興センター所在市町村である。なお、さいたま市は政令指定都市であるため、太字の行政区が市役所所在地である。 地域 市区町村 説明 さいたま地域 さいたま市 埼玉県の県庁所在地にして、県内・内陸県唯一の政令指定都市でもある。2001年5月1日に浦和市・大宮市・与野市の3市の合併により新設され、2003年4月1日に政令指定都市に移行する。2005年4月1日には岩槻市を編入して現在の市域となった。 もともと県庁所在地であった旧浦和市(現浦和区・南区・緑区・桜区)時代から県政の中枢地として機能している。人口においても旧浦和市、現さいたま市ともに県内1位。また、鉄道の町として栄えた旧大宮市(現大宮区・西区・北区・見沼区)は商業都市として賑わっている。京浜東北線沿いの南区、浦和区、中央区を中心に高い人口密度の市街地が連なり、夜間人口密度は浦和区、南区、中央区の順に、日中人口密度は浦和区、大宮区、中央区の順で高くなっている(2015年国勢調査)。江戸時代以降、浦和以北では、大宮台地(浦和大宮支台)上に中山道が通りここに浦和宿と大宮宿が成立、この宿場がそれぞれ旧浦和市と旧大宮市の中心部分を形成し両者をJR東北本線が南北に貫いている。西には荒川が、東には元荒川が流れる。 またJリーグクラブである浦和レッドダイヤモンズと大宮アルディージャの本拠地があり、特に旧浦和市はサッカーの街としても著名である。 西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区 南部地域 川口市 蕨市 戸田市 北足立郡の南部に属していた地域が該当する。中心となる川口市(中核市)は超高層マンションが林立し、政令指定都市以外では船橋市に次ぐ国内2番目の人口を有している。川口市西部を縦断する京浜東北線を軸とする三市の関わりは深いが、戸田市は埼京線開業後は川口市との関係は少し薄くなっている。それに対し蕨市と戸田市は同じ中山道沿線に位置し、歴史的にも関わりが深い。蕨市は全国の市の中で最も面積が狭いことで知られている。 県央地域 上尾市 桶川市 北本市 鴻巣市 伊奈町 北足立郡北部に属していた地域が該当する。伊奈を除く4市は中山道沿いの宿場町で、現在も高崎線沿線として関係性が強い。伊奈町はさいたま市のベッドタウンとして宅地化が進行している。 南西部地域 朝霞市 新座市 志木市 和光市 富士見市 ふじみ野市 三芳町 北足立郡の西部(旧新座郡域)、入間郡東部に属していた地域が該当する。東京都に近接し、東武東上線や川越街道沿いの宅地化が著しい。新座市は都営地下鉄大江戸線の延伸を見込んだ大規模な区画整理事業の計画がある。 東部地域 春日部市 草加市 越谷市 八潮市 三郷市 吉川市 松伏町 おおむね南埼玉郡と北葛飾郡の南部および2つの郡の南部に属していた地域と草加市(ほとんどが北足立郡)が該当する。高度経済成長期以降、東京との近接性から東武伊勢崎線沿線を中心に宅地化が進行し、越谷市や草加市で人口が増加した。B.LEAGUE所属の越谷アルファーズのホームタウンであり、市の中心的な位置づけにある越谷レイクタウンの造成に力を入れた越谷市(中核市)が地域でも最も人口が多く、草加市、春日部市と続く。 西部地域 所沢市 飯能市 狭山市 入間市 日高市 おおむね入間郡の南部に属していた地域が該当する。三富新田などの広がる武蔵野台地から西に行くにつれ台地―丘陵と遷移し奥武蔵と呼ばれる。関東旧来の生活風俗が色濃く残る地域でもある。県内よりも多摩地域と繋がりが深く、西武池袋線・西武新宿線を中心とする都市軸が形成されている。プロ野球パ・リーグ所属の埼玉西武ライオンズの本拠地のある所沢のほか、狭山・入間は狭山茶の産地として知られる。柳瀬川流域には現在も武蔵野の原風景を残している地区があり、宮崎駿監督のアニメーション映画「となりのトトロ」ではその舞台となった(所沢市松郷周辺など)。また、2019年には世界初進出のムーミンに関するテーマパーク「メッツァ」が飯能市に開業した。 2020年には所沢市と株式会社KADOKAWAが共同で東所沢を中心とする開発事業「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設として複合文化施設兼新オフィス(新本社)の「ところざわサクラタウン」が開業する。 川越比企地域 川越市 坂戸市 鶴ヶ島市 毛呂山町 越生町 入間郡北部と比企郡、およびこの2郡に属していた地域。小江戸と呼ばれる川越藩の城下町として発展した川越市(中核市)を中心として東武東上線や関越自動車道が延びる。北側の比企地域の中心となるのは東松山市で、比企丘陵・岩殿丘陵・吉見丘陵・嵐山渓谷など外秩父の自然美が広がり、埼玉県こども動物自然公園や国営武蔵丘陵森林公園がある。古来より秩父地方とともに武蔵国の枢要であり、畠山氏や河越氏が活躍した。 川越比企地域(東松山事務所管内) 東松山市 滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町 東秩父村 北部地域 熊谷市 深谷市 寄居町 おおむね児玉郡、大里郡およびこの2郡に属していた地域が該当する。北端を利根川、南を荒川が流れており低地や台地を主体とするが、秩父地方に接する南西側に近づくにつれ丘陵へと遷移する。熊谷の商業地を中心に、周辺都市や隣接する群馬県から消費者が流入する。工業は各地の工業団地を中心に発達している。また、渋沢栄一や塙保己一の出身地として観光ルートの設定、特産物の深谷ねぎをモチーフにしたふっかちゃんをアピールした地域振興が特色となっている。 北部地域(本庄事務所管内) 本庄市 美里町 神川町 上里町 利根地域 行田市 加須市 羽生市 久喜市 蓮田市 幸手市 白岡市 宮代町 杉戸町 おおむね南埼玉郡と北葛飾郡の北部、北埼玉郡およびこの3郡に属していた地域が該当する。北部に利根川が流れ、比較的農業が盛んな地域となっている。また、さきたま古墳群や権現堂堤、鷲宮神社や忍城、東武動物公園などの観光地・行楽地も存在する。地域内を南北に東北自動車道が、東西に首都圏中央連絡自動車道が交差し、近年物流拠点として沿線での倉庫・工場立地が活発化している。 秩父地域 秩父市 横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 秩父郡および同郡に属していた地域が該当する。県の一番西側に位置する地域である。関東山地やその周辺の山々とそれらに囲まれた秩父盆地からなり、秩父三十四箇所巡礼や秩父夜祭、秩父芝桜などの観光産業が発達。結晶片岩の岩畳を特徴とする景勝地長瀞渓谷は、サメなどの古生物の化石が発掘されることから「日本地質学発祥の地」「地球の窓」とも呼ばれ、古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群が国の天然記念物に指定されている。 交通 鉄道 鉄道路線の一覧については「関東地方の鉄道路線」を参照 埼玉県に所在する駅数は230駅であり、千葉県(336駅)と比較して100駅以上少なく、京都府(241駅)と同じ程度である。これは京浜東北線と埼京線のように駅間で競合する路線が少なく、県の面積も比較的狭いためである。 さいたま市大宮区の大宮駅は県内最大のターミナル駅かつ県内の中心駅であり、大宮エリアは日本国有鉄道(国鉄)大宮工場を母体とする東日本旅客鉄道(JR東日本)大宮総合車両センターおよび日本貨物鉄道(JR貨物)大宮車両所を中心に繁栄したことにより、かつて国鉄より「鉄道の町」の一つとして公式認定されていた程であった。 JRでは東北本線上の主要駅の一つであり、新幹線は、東北新幹線と上越新幹線のほか、これらの路線に直通する山形新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線・北陸新幹線の全列車が停車することで、さいたま市から「東日本の玄関口」として位置づけられている(上越新幹線は起点駅)。在来線では、京浜東北線、宇都宮線・高崎線(上野東京ライン・湘南新宿ライン)、埼京線・川越線の全列車が停車し、武蔵野線の一部(むさしの号・しもうさ号)も乗り入れている(高崎線と川越線は起点駅)。さらに私鉄(第三セクターも含む)では、東武野田線(東武アーバンパークライン)と埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)が共に始発駅(起点駅)として乗り入れている。ニューシャトルは鉄道博物館へのアクセス路線としての役割を担い、大宮駅から乗車して一駅目の鉄道博物館駅がアクセス駅となる。 一日平均の乗降人員約70万人は埼玉県内で最も多く、東京駅に次いで全国第2位の合計16路線が乗り入れている。隣接するさいたま新都心駅周辺と大宮駅周辺とは一帯的にオフィス街や繁華街が形成されており、両駅を中心に国の機関や金融機関・民間企業・工業団地・店舗・飲食店等が多く集積し、交通網の利便さゆえ県外からのビジネス客も多く、埼玉県内で最も賑わいのある経済・商業エリアとなっている。後述のとおり、県および市の代表駅は浦和駅と一般表記されるが、街の人口比や県庁舎・市役所の最寄駅という名目上の理由ではなく「事実上の埼玉県およびさいたま市の代表駅・中心駅は大宮駅である」と言われる所以は上記の事実に由来する。 一方、JTBパブリッシングや交通新聞社(都道府県代表駅の記号がない「東京時刻表」を除く)の時刻表における県および市の代表駅は、さいたま市発足前からの県庁所在地であり、県内最大の人口を有する都市でもある旧浦和市の中心駅でもあった浦和駅である。西口は埼玉県庁およびさいたま市役所を含む官庁街であり、さいたま市の都市計画における「県都の玄関口」でもある。2022年時点で宇都宮線・高崎線の全列車が停車するようになった。 宇都宮線・高崎線と京浜東北線は、川口駅の南で、埼京線は戸田公園駅の南でそれぞれ荒川を渡って東京都心へ直結する。2001年12月1日に湘南新宿ラインが、2015年3月14日に上野東京ラインが開業して東京都心への速達性と利便性が大幅に向上し、特に京浜東北線沿線は「首都圏の住みたい街(駅)ランキング」でも上位と人気のエリアになった(2022年3月のSUUMO発表によると、1位横浜駅、2位吉祥寺駅、3位大宮駅、4位恵比寿駅、5位浦和駅の順)。県内にある京浜東北線の各駅は与野駅を除く全駅で一日平均乗降人員が10万人を越え、最も人口密度が高い地域である。 1970年代に東北・上越新幹線の建設計画の変更(地下トンネルから高架線に変更)に端を発した大宮駅以南の県南部の区間の住民による新幹線建設反対運動は、新幹線の開業計画を変更(大宮駅から暫定開業)する程苛烈なものであった。その見返りとして、新幹線に並行して通勤新線(埼京線)を建設し、併せて騒音対策として都市施設帯(いわゆる「環境空間」)を設けることで合意した。同じく大宮駅以北の区間に位置する伊奈町は、長年鉄道の建設を要望していたが、こちらには新幹線に並行して新交通システム(埼玉新都市交通伊奈線「ニューシャトル」)を建設することで合意し、1980年代にそれぞれの路線が開業した。大宮駅以北の宇都宮線・高崎線の沿線は、東北・上越新幹線の開業に伴い長距離列車が削減され、中距離電車が増発されたことを契機に住宅開発が進展した。さらに、埼京線は車両基地の設置先となった事で電化した川越線と東京臨海高速鉄道りんかい線に乗り入れる。 県の東部は東武伊勢崎線・東武日光線、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスと第三セクターの地下鉄である埼玉高速鉄道線が、県の西部は東武東上本線、西武新宿線・西武池袋線と西武秩父線がそれぞれ東京都心に直結している。東武伊勢崎線と東武日光線は東京メトロ日比谷線と東京メトロ半蔵門線に、埼玉高速鉄道線は東京メトロ南北線に、東武東上本線と西武池袋線は東京メトロ有楽町線と東京メトロ副都心線に乗り入れる(西武池袋線は西武有楽町線経由で乗り入れ)。 このように東京都心に直結して県内を南北に縦断する路線が多い反面、県内を東西に横断する路線は少ない。このうち県南部を横断して多数の路線と接続する武蔵野線が最も輸送人員が多く、JR東日本の東京メガループの対象路線に指定されている。さらに、武蔵野線の貨物線を活用した大宮駅への直通運転(むさしの号・しもうさ号)も行なわれている。同じく県南部の横断路線では、大宮駅に接続する東武野田線および川越線が該当するが、東武野田線は春日部駅以東に、川越線は日進駅以西に単線区間を残している。坂戸駅から西側に分岐する東武越生線は2008年からワンマン運転が行われているが、南側にある川越線よりも運転本数は多い。熊谷駅に接続する秩父鉄道秩父本線は、羽生駅から秩父市方面へ県北部を横断しているが、全線単線で利用者数が少なく、県が設備整備に対して補助金を交付している。 県の西部を南北に縦断する全線単線の八高線は、高麗川駅を境に電化区間と非電化区間に分けられており、高麗川駅より北側は県内で唯一の非電化区間である。したがって、運行系統は高麗川駅で完全分断されており、高崎駅方面は事実上すべての列車が同駅始発となる。同様に川越線も川越駅で運行系統が終日完全分断され、東側は同駅を始発として大宮駅から埼京線・りんかい線へ、西側も同駅始発として高麗川駅から八高線を経由し八王子駅へ乗り入れている。 所沢駅の隣駅である西所沢駅から西側に分岐する西武狭山線は、戦前から行楽客輸送のための観光路線であったが、1970年代に買収により福岡市から移転して来たプロ野球(NPB)球団・西武ライオンズの本拠地(ファームチームも同様)として建設した西武ライオンズ球場へのアクセス路線に変貌した。更に、西武新宿線側(西武拝島線・西武多摩湖線経由)のアクセス路線として、関東の大手私鉄としては唯一の軽便鉄道軌間の観光路線だった西武山口線を新交通システム路線に改修してこれに対応した。西武山口線は後に「レオライナー」の愛称が付けられ、西武池袋線側からも西武園ゆうえんちへのアクセス路線として、最寄駅である西武園ゆうえんち駅へ接続している。 埼玉西武ライオンズの準本拠地である県営大宮球場、隣接する大宮アルディージャ・大宮アルディージャVENTUSの本拠地であるNACK5スタジアム大宮へは、大宮駅または東武野田線北大宮駅・大宮公園駅がそれぞれ最寄駅となる。浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002へは埼玉高速鉄道線浦和美園駅が最寄駅となるが、浦和駅からシャトルバスで向かうサポーターが多い。三菱重工浦和レッズレディースの本拠地・浦和レッズの準本拠地である浦和駒場スタジアムは、北浦和駅が最寄駅となる。埼玉ワイルドナイツの本拠地である熊谷ラグビー場(練習フィールドのさくらオーバルフォートも含む)へは、熊谷駅からのシャトルバス(主にラグビーロードのルートが多い)がアクセス手段となる。また県内に本拠を置くプロ野球(NPB)球団のファームチームとして、東京ヤクルトスワローズのヤクルト戸田球場、千葉ロッテマリーンズのロッテ浦和球場へは共に武蔵浦和駅が最寄駅となっている。 神奈川県や千葉県とは異なり、混雑率が190%を超える路線は存在しない。2019年度現在、県内で朝ラッシュ時の混雑率が最も高い路線は埼京線の185%であり、最混雑区間は板橋駅 → 池袋駅間である。2010年度まで混雑率が200%を超えていたが、広幅車体の導入により2014年度に190%を下回った。京浜東北線の南行は長い間上野駅 → 御徒町駅間で200%を超えていたが、2014年度に上野東京ラインが開業したことで同区間の混雑が大幅に緩和され、2015年度から最混雑区間が川口駅 → 赤羽駅間に変更された。当初は貨物線として計画された武蔵野線はラッシュ時の本数が少なく、2006年度まで混雑率が200%を超えていたが、本数の増加により2015年度に180%を下回った。最混雑区間は東浦和駅 → 南浦和駅間である。 東武伊勢崎線は1974年に関東私鉄で初めて複々線化を行い、2001年に北千住駅 - 北越谷駅間の、2021年現在もJR以外では最長の18.9kmで複々線化が完了した。朝ラッシュ時は東急田園都市線や京王線と匹敵する輸送量を記録しているが、混雑率は160%を下回る。1974年の北千住駅 - 竹ノ塚駅間の複々線化竣工前の1969年度の秋季交通量調査では、朝ラッシュの最混雑区間である小菅駅 → 北千住駅間の混雑率は248%を記録し、当該年度では大手私鉄の路線で最高値を計上していた。西武池袋線は千鳥停車を採用して速達性を確保しつつ混雑の平準化を図ったが、1993年度まで混雑率が200%を超え、当時の関東私鉄で小田急小田原線と匹敵して最も混雑率が高い路線だった。1994年に西武有楽町線の全線が、1997年に都営地下鉄大江戸線が新宿駅まで延伸開業したことで輸送量が減少し、2000年度に混雑率が170%を下回った。 東武東上本線は1962年から特急車両が存在しなかったが、2008年に関東私鉄で初めてクロスシートとロングシートに転換できるマルチシート車両を導入した。ラッシュ時はクロスシートでTJライナー等の優等列車に充当し、日中はクロスシートで優等列車(川越特急)、ロングシートで一般列車の運用に充当する。2017年に西武池袋線でも同様の機能を持つ車両を導入し、S-TRAINとして平日は東京メトロ有楽町線に、土休日は東京メトロ副都心線に直通する。東武伊勢崎線でもTJライナーと同様の車両を2020年に導入して、東京メトロ日比谷線に直通するTHライナーの運行を開始した。 地下鉄事業者の東京メトロは上記の通り大手私鉄や準大手私鉄路線との直通運転で当県に乗り入れているものの、同じように大手私鉄や準大手私鉄路線などと相互直通運転を行っている都営地下鉄は神奈川県や千葉県に乗り入れてるものの、東京都に隣接している大手私鉄路線の運用エリアの当県には唯一乗り入れていない。 バス 乗合バス事業者の一覧については「関東地方の乗合バス事業者」を参照 川口市周辺は国際興業バスが、秩父市周辺は西武観光バスが路線バスを一手に引き受けているが、それ以外の地域では路線の競合が見られる。県内最大のターミナル駅である大宮駅では、東口に国際興業バスと東武バスが、西口に東武バスと西武バスがそれぞれ乗り入れている。 東武線・東上線沿線は東武バスが、西武線沿線は西武バスが多数の路線を担っている。東武バスは2000年頃に多数の営業所が移管され、越谷市より北側の東部地域で運行されていた路線は朝日自動車と茨城急行自動車に、坂戸市より北側の西部地域で運行されていた路線は川越観光自動車に移管された。2002年に分社化された後、伊勢崎線沿線は東武バスセントラル、東上本線沿線は東武バスウエストにより運行されている。JR高崎線沿線においては熊谷地区で国際十王交通が運行している。 2002年に道路運送法の規制緩和を受けて、越谷市から南部の東部地域で多数の新規路線が参入し、つくばエクスプレスの開業に伴い路線網が再編された。メートー観光、タローズバス、マイスカイ交通、グローバル交通、京成タウンバス、京成バスが武蔵野線沿線とつくばエクスプレス沿線で運行されている。 平日の終電後に運転される深夜急行バスは、大宮駅のほか都内の池袋駅、上野駅、東京駅などを発車して県南部の主要駅へ向かう路線が多数運行されている。 大宮駅バスターミナル・さいたま新都心バスターミナルを発着の中心として、各地方への高速バス・長距離バスや、羽田空港・成田空港に直結する空港連絡バスも多数運行されている(ONライナー号など)。なお、現在は構想段階だが、大型バスターミナル「バスタ大宮(仮称)」を整備する構想があると2021年に報道されている。 道路 県道の一覧については「埼玉県の県道一覧」を参照 県の南部を東京外環自動車道が横断し、東から順に三郷ジャンクションで常磐自動車道、川口ジャンクションで東北自動車道、大泉ジャンクション(東京都に所在)で関越自動車道に接続する。常磐自動車道は首都高速6号三郷線、東北自動車道は首都高速川口線と接続する。関越自動車道は首都高速道路に接続せず、美女木ジャンクションで首都高速5号池袋線と首都高速埼玉大宮線が接続し、首都高速埼玉大宮線は与野ジャンクションで首都高速埼玉新都心線に直通する。首都高速埼玉大宮線は与野ジャンクション以北の延伸が決まっており、新大宮上尾道路として首都高速道路株式会社により上尾市内まで事業中である。利根地域から県の西部にかけて首都圏中央連絡自動車道が横断し、東から順に久喜白岡ジャンクションで東北自動車道、鶴ヶ島ジャンクションで関越自動車道と接続する。 首都高速6号三郷線の八潮パーキングエリアはつくばエクスプレスの八潮駅に近接しており、パーキングエリアを出場して鉄道路線への乗り継ぎができる。首都高速川口線の川口パーキングエリアは赤山歴史自然公園と隣接しており、首都高で初めてのハイウェイオアシスとして整備された。東北自動車道の蓮田サービスエリアと関越自動車道の高坂サービスエリアは共に下り線最初のサービスエリアであり、上り線最後のサービスエリアでもある。 県内の一般国道のうち、東部を縦断する国道4号、県央を横断して首都圏を環状に結ぶ国道16号、県央を縦断する国道17号と東京外環自動車道に並走する国道298号は全区間が指定区間(直轄国道)であり、国土交通省関東地方整備局の大宮国道事務所及び北首都国道事務所が道路を管理している。指定区間外の国道(補助国道)と県道は県が管理しているが、政令指定都市のさいたま市にある指定区間外の国道と県道はさいたま市が管理している。埼玉県内で完結する国道は越谷市から入間市までを結ぶ国道463号のみであり、それ以外の国道はすべて県境を跨る。 東北自動車道と並走する区間を有する国道122号(特に蓮田岩槻バイパスの区間)は岩槻インターチェンジ付近で国道16号と平面交差しており、更に上り線(蓮田方面)はクランク状態で下り線(川口方面)側に入って片側1車線となるため、慢性的に渋滞している。国道125号は利根地域を横断し、国道122号と重複する区間にイオンモール羽生が近接する。山梨県との県境を跨る国道140号は雁坂峠を越える秩父往還がそのまま国道になったものであり、指定当初から点線国道だったが、1998年に雁坂トンネル有料道路が開通して自動車での往来が可能となった。全長6,625mの雁坂トンネルは、一般国道で最長の山岳トンネルである。 西部を縦断する国道254号は指定区間外の国道ではあるが、関越自動車道を補完する国道であり、県内でも指定区間の国道と匹敵する幹線道路となっている。国道354号は群馬県から茨城県までを結ぶ全長199.6kmの路線であるが、県内区間は加須市内の7.8kmのみである。 一般国道 国道4号 国道16号 国道17号 国道122号 国道125号 国道140号 国道254号 国道298号 国道299号 国道354号 国道407号 国道462号 国道463号 ヘリコプター 埼玉県内に民間空港はないが、桶川市にはヘリポートがある。 本田航空 ホンダエアポート 雄飛航空 成田ヘリ・エクスプレス 観光・史跡 詳細は「埼玉県の観光地」を参照 「埼玉県指定文化財一覧」、「関東地方の史跡一覧#埼玉県」、および「埼玉県の神社一覧」も参照 ユネスコ無形文化遺産 秩父祭の屋台行事と神楽 川越氷川祭の山車行事 国宝 歓喜院聖天堂 武蔵埼玉稲荷山古墳出土品(日本国(文化庁)所有、埼玉県立さきたま史跡の博物館保管) 太刀 銘備前国長船住左兵衛尉景光 作者進士三郎景政 嘉暦二二年(=四年)已巳七月日(埼玉県立歴史と民俗の博物館) 短刀 銘備州長船住景光 元亨三年三月日(埼玉県立歴史と民俗の博物館) 法華経一品経・阿弥陀経・般若心経(慈光寺) 重要伝統的建造物群保存地区 川越(川越市) その他 長瀞渓谷 吉見百穴 鉄道博物館(さいたま市大宮区) ところざわサクラタウン(所沢市) 角川武蔵野ミュージアム(所沢市) ベルーナドーム(所沢市) 国の重要文化財については関東地方の重要文化財一覧、関東地方にある建造物の重要文化財一覧を参照。 国の登録有形文化財についてはCategory:埼玉県の登録有形文化財、県指定文化財については埼玉県指定文化財一覧を参照。 「らき☆すた」、「あの花」など多くの人気漫画・アニメの舞台となったことから、観光振興としてアニメ・漫画の活用に力を入れており、2013年に第1回「アニ玉祭」が開催され、2014年には第1回「埼玉県アニメの聖地化プロジェクト会議」を開催、2015年にはさいたま市ニュービジネス大賞の受賞作「浦和の調ちゃん」を放映し、2022年に続編の「むさしの!」を放映している。