彦根市の おすすめ人気 手コキ風俗店

在籍女性の年齢層でお店を選ぶ

10代 20代

20代 30代

人妻 熟女

プレイ・オプションから選ぶ

彦根市のプレイ・オプション 一覧

彦根市の手コキ風俗店で以下のプレイやオプションが出来るお店を表示いたします。

オプション一覧内で文字検索をします。(※アルファベットは小文字、数字は半角で入力)全表示に戻す場合はクリアボタンを2回クリックしてください。

プレイ・オプション一覧 ボタンをクリックすると彦根市エリア内で全てのプレイ・オプションからお探しいただけます。

手コキ風俗「おすすめ店!」PR

広告募集

彦根市の おすすめ人気 手コキ風俗店

コンプレックス 彦根店

SMクラブ (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 14,000円~ 彦根発・近郊 出張 0120-93-2882

MICHEL CLAN

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 13,000円~ 彦根発・近郊 出張 0120-355-885

彦根市に別エリアから派遣可能な手コキ風俗店

パンチラの誘惑 兎我野町

デリヘル (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 12,000円~ 梅田発・近畿一円 (彦根市 派遣OK) 出張 待ち合わせ 070-4334-1962

ご新規様2000円オフ

ムチムチのお尻・弾けんばかりの胸・思わずムワっと匂ってきそうなメスの香り… 男ならどうしても抱きたくなる身体! むしゃぶりつきたくなる身体!! 必ずご満足頂けるキャストでご案内させて頂きます!!

今から乳首を犯しにいってもいいですか?大阪店

手コキ・オナクラ 12:00~last 20分 / 5,000円~ 日本橋発・近郊 (彦根市 派遣OK) 出張 090-8559-9483

指名料 無料

受け身好きのお客様必見! 業界TOPクラスの給料システムで最上級の美女のみを激選。大阪の元祖乳首責め専門オナクラ店。 オプションは女の子によって様々なので飽きる事なく楽しめること間違いなし!

コンプレックス 滋賀店

SMクラブ (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 14,000円~ 滋賀発 (彦根市 派遣OK) 出張 0120-94-7555

MICHEL CLAN 草津店

エステ・回春 (手コキあり) 12:00〜翌3:00 50分 / 7,000円~ 草津発・近郊 (彦根市 派遣OK) 出張 077-574-7770

タイトルとURLをコピーしました!

彦根市のプレイ・オプション 一覧

彦根市の手コキ風俗店で以下のプレイやオプションが出来るお店を表示いたします。

オプション一覧内で文字検索をします。(※アルファベットは小文字、数字は半角で入力)全表示に戻す場合はクリアボタンを2回クリックしてください。

彦根市エリアの特徴

彦根市(ひこねし)は、滋賀県東部にある市。県東部の中心となる都市である。1937年(昭和12年)に市制施行。 旧坂田郡鳥居本村と旧愛知郡稲枝町を除き、かつては犬上郡に属していた。 概要 彦根城から望む鈴鹿山脈と彦根市中心部 彦根城から望む琵琶湖畔と彦根港 城下町の面影を残す一角(城町) 彦根市域を含む旧・犬上郡は、古より近江国の交通の結節点であった。中世から近世にかけては、全国に信者を持つ多賀大社(在・犬上郡多賀町多賀)の参詣道(高宮村も経由)が隆盛した。江戸時代初期に整備された中山道の宿場町としては彦根市域では鳥居本宿(元・坂田郡内、現・彦根市鳥居本町)と高宮宿(元・犬上郡内、現・彦根市高宮町)が置かれ、なかでも鳥居本宿は中仙道中近江国内で随一の賑わいを見せた。 現在の市街地の近郊に佐和山城を築城した豊臣秀吉の重臣石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたのち、江戸時代には、徳川家譜代の大名である井伊家の知行するところとなる。琵琶湖に面した山に築城された彦根城を中核として佐和山藩改め彦根藩が置かれた。この彦根藩および彦根城は、西日本の外様大名に睨みを利かせる幕藩体制上きわめて重要な役割を、さらなる前線に位置する播磨国の姫路藩および姫路城や備後国の備後福山藩と共に担った。福山城を除く2つの城は想定し得る外様大名による謀反が起こらなかった(あるいは、抑え込まれた)ために攻められること無く、太平の世に存在し続けた。このようにして、大藩がひしめく京都周辺でも有数の城下町として彦根は発達を見せた。 近現代では、市制施行以来数十年間は大津市に次ぐ県下第二の都市であった。平成の大合併後の2010年4月時点での人口は、大津市・草津市・長浜市・東近江市に次いで県下第5位となった。しかし、地方気象台(彦根地方気象台)、国立大学(滋賀大学)本部、裁判所支部、国立印刷局彦根工場、滋賀縣護國神社といった各種機関が現在も市内に集中し、滋賀県東部における商工業の中心地である。 大規模な都市空襲を受けなかったことから近世以来の城下町や宿場町の町並みが比較的保存されており、2009年(平成21年)1月19日には亀山市・金沢市・高山市・萩市と共に第1回歴史まちづくり法(国土交通省)に認定されている。 現代では、毎年7月に松原水泳場で開催される「鳥人間コンテスト選手権大会」や、マスコット「ひこにゃん」を通じても広く知られている。 地名の由来 「彦根」という地名は天照大御神の御子であるアマツヒコネ(天津日子根命、天津彦根命;アマツヒコネノミコト)とイクツヒコネ(活津日子根命、活津彦根命;イクツヒコネのミコト)2柱のうち、後者が活津彦根明神として彦根山(彦根城が築かれた、琵琶湖岸の山)に祀られたことに由来するとされる。cf. 彦根神社創建年(1734年)。 交通 彦根駅西口 彦根IC 彦根港 オーミマリン 空路 空港 滋賀県に空港は無く、彦根市に最寄りの空港は、名神高速道路彦根ICより約1時間40分の距離にある大阪国際空港(兵庫県伊丹市・大阪府豊中市・池田市)である。他にも中部国際空港(愛知県常滑市)へは同インターから約2時間、更には関西国際空港(大阪府泉佐野市・泉南市・田尻町)へは同インターから約2時間30分ほどである。 鉄道 中心となる駅:彦根駅 西日本旅客鉄道(JR西日本) 東海道本線(琵琶湖線):- 彦根駅 - 南彦根駅 - 河瀬駅 - 稲枝駅 - 近江鉄道 近江本線:フジテック前駅 - 鳥居本駅 - 彦根駅 - ひこね芹川駅 - 彦根口駅 - 高宮駅 多賀線:高宮駅 - スクリーン駅 - その他、東海道新幹線(JR東海)が米原駅 - 京都駅間で当市を通過している。 バス 路線バス 近江鉄道バス 湖国バス 彦根観光バス 都市間バス びわこドリーム号 コミュニティバス 道路 高速道路 中日本高速道路(NEXCO中日本) E1名神高速道路( アジアハイウェイ1号線):- 彦根IC - 国道 国道8号 国道306号 県道 主要県道 滋賀県道2号大津能登川長浜線 滋賀県道6号彦根停車場線 滋賀県道13号彦根八日市甲西線 滋賀県道17号多賀醒井線 滋賀県道20号愛知川彦根線 滋賀県道25号彦根近江八幡線 街道 巡礼街道 中山道 :地域を南北に走り、宿場町として鳥居本宿 (cf. 1602, 1603) と高宮宿が設けられていた。 彦根道 :中仙道の賑わいを彦根城下へ誘導するべく整備された脇往還である、切通道(鳥居本宿- 切通峠- 城下)と高宮道(高宮宿- 七曲がり- 久佐の辻- 城下)の総称。 朝鮮人街道 航路 港湾 彦根港(地方港湾) オーミマリン(竹生島、多景島行き) 観光 文化財 国指定文化財 「彦根城天守 附櫓及び多聞櫓」と「紙本金地著色風俗図(彦根屏風)」(cf. 1624, 1955) は国宝である。建造物、彫刻、工芸品、古文書など、国の重要文化財も多く、また、彦根城跡(埋木舎を含む)は特別史跡である。玄宮園と楽々園は合わせて名勝に指定されている。 cf. 彦根市内にある指定文化財の一覧表と案内地図 :≪外部リンク≫ “彦根市の指定文化財一覧表”. 彦根市文化財マップ(公式ウェブサイト). 彦根市教育委員会 文化財課. 2011年10月8日閲覧。 名所・旧跡 神社仏閣 滋賀縣護國神社 千代神社 :本殿は国の重要文化財に指定。 比婆神社 :比婆之山山腹、男鬼字護持ヶ谷494-5に所在。 滋賀縣護國神社 :cf. 1876. 長寿院(大洞弁財天) :弁才天堂は国の重要文化財に指定。古沢町に所在。cf. 1695. 龍潭寺(弘徳山 龍潭寺) :古沢町に所在。 清凉寺:古沢町に所在。島左近の屋敷跡。 宗安寺(別名:赤門寺) :朝鮮通信使の宿泊所になった寺で、戦国武将(豊臣方)木村重成の首塚がある。本町2丁目に所在。 観道寺 :木造日光菩薩・月光菩薩立像は国の重要文化財に指定。本庄町に所在。 来迎寺 :木造阿弥陀如来坐像は国の重要文化財に指定。本町1丁目に所在。 少林寺 :木造観世音菩薩立像は国の重要文化財に指定。笹尾町に所在。 高宮寺 :木造伝・切阿坐像は国の重要文化財に指定。高宮町に所在。 祥寿山 清凉寺 :彦根藩主井伊家墓所(国の史跡)がある。古沢町に所在。cf. 1603. 荒神山神社 :明治初期の神仏分離・廃仏毀釈で廃寺となった奥山寺が前身。石寺町に所在。 旧跡、旧跡再現施設 荒神山古墳 :国の史跡。県下第二の規模の前方後円墳。cf. A, 2011. 国宝・彦根城天守 時代劇のロケ地としても馴染み深い、玄宮園の1ショット 表御殿の復元庭園 彦根城跡 :外堀など城郭遺構と埋木舎を含む城跡は国の特別史跡 (cf. 1956)。 彦根城 :琵琶湖国定公園第1種特別地域の一つ (cf. 2950)。「琵琶湖八景」選定地の一つ (cf. 1950)。「日本100名城」選定地の一つ (cf. 2006)。「彦根城の時報鐘と虫の音」の名で環境評価「日本の音風景100選」にも選定されている (cf. 1996)。cf. 1603, 1606, 1616, 1622, 1873, 1878, 1944. 天守・附櫓及び多聞櫓(以上2棟) :国宝 (''cf. 1952)。 太鼓門及び続櫓、天秤櫓、西の丸三重櫓及び続櫓、二の丸佐和口多聞櫓、馬屋(以上5棟) :国の重要文化財 (cf. 1951)。 楽々園 :1677年、彦根城下屋敷「槻御殿(黒門外御屋敷)」として造営される (cf. 1677)。1951年(昭和26年)、玄宮園と共に「玄宮楽々園」の名で国の名勝に指定される (cf. 1951)。旅館として利用されていたが建物老朽化で保存修復費用が増大したことから、1994年(平成6年)11月末で営業終了となった、江戸期の姿に修復することになり、解体修理や復元工事を完了して2013年(平成25年)6月22日から一般公開した。 玄宮園 :1678年、彦根城下屋敷「槻御殿」の庭園が大池泉回遊式の大名庭園として再整備されたのが起源 (cf. 1678) であるが、1813年、現在の形に再整備された (cf. 1813)。1951年(昭和26年)、楽々園と共に「玄宮楽々園」の名で国の名勝に指定される。彦根城と同じく、時代劇(テレビドラマや映画)のロケ地としての利用も多い。 埋木舎 :1759年(宝暦9年)頃創建で、井伊直弼が青年期を過ごした屋敷として有名である。1984年(昭和59年)の豪雪で倒壊したため、全面的に解体修理を進め、直弼が住んでいたころのように復元し、1991年(平成3年)4月1日から内部も一般公開された。映画『武士の一分』などのロケ地でもある。 彦根城博物館:1987年(昭和62年)2月12日に開館。 旧彦根藩松原下屋敷庭園:彦根藩松原下屋敷(通称:お浜御殿。1810年創建)の庭園で、2002年に国の名勝に指定される (cf. 2002)。 佐和山城址:石田三成の巨大な山城跡で、三成の印象の払拭を狙って破壊され、石垣崩して曲輪面も大きく削り取るなど激しく損壊した。石垣を彦根城に再利用した、宗安寺の赤門にも柱や梁などを移築・再利用した。 石垣、堀、排水溝、西の丸と伝わる曲輪の建物(瓦や杭など)、武家屋敷跡などが発掘調査で確認された。 河瀬城:市の史跡 中山道中磨針峠望湖堂跡:下矢倉町の磨針峠(摺針峠)に所在。望湖堂の建物は1991年(平成3年)11月に焼失し、今は近くに「舊中仙道 磨針峠 望湖堂 明治天皇御聖蹟 弘法太子縁の地 是より東へ山道800m(意訳:旧中山道 磨針峠 望湖堂。明治天皇ゆかりの地[行幸時の小休所]。空海ゆかりの地。ここから東へ山道800m)」と記された石碑が残る。cf. 歌川広重が描いた望湖堂、1795。 観光スポット 自然物、自然物主体の名所 彦根市松原水泳場より遠望した多景島 琵琶湖 多景島 :琵琶湖国定公園第1種特別地域の一つ (cf. 2950)。 十王村の水 :「名水百選」選定の湧水。cf. 1985, 1688. 施設 滋賀中央信用金庫銀座支店ビル:1918年(大正7年)竣工の旧明治銀行彦根支店ビル。明治銀行が破綻した1932年(昭和7年)以降は様々な用途に転用されてきた。国の登録有形文化財。 ひこね市民活動センター:1924年(大正13年)竣工の建物はヴォーリズ建築事務所の設計で、かつて彦根高等商業学校外国人教員住宅であった。彦根市金亀町7-5。 俳遊館:俳句の資料館として1996年(平成元年)11月1日に開館した。蕉門十哲の一人である彦根出身者・森川許六などにちなむ。建物は、1924年(大正13年)竣工のアールテゴ風の洋館で、旧彦根信用組合本店ビル。 滋賀大学経済学部講堂:旧・彦根高等商業学校講堂。1924年(大正13年)竣工。2001年(平成13年)に登録有形文化財に登録。 滋賀大学陵水会館 :ヴォーリズ建築事務所設計の、旧・彦根高等商業学校同窓会館。1938年(昭和13年)竣工。1997年(平成9年)に登録有形文化財に登録。 夏川記念館 :近江高校の50周年記念事業で京町に建てられた別称「近江高等学校教育ホール」で、1989年(平成元年)11月22日開設。オーミケンシ創業者を記念した資料館で、安藤忠雄設計。 佐和山遊園 : 復元された佐和山城を中心としたテーマパーク。 夢京橋キャッスルロード :歴史的景観を演出する商業施設。cf. 1999. 夢京橋あかり館 四番町スクエア:本町1丁目の市場商店街を再整備し、歴史を演出する統一感を持たせた商業施設。2005年(平成17年)5月1日に「街なかプラザ」、2006年(平成18年)5月11日に「ひこね食賓館」が開館。cf. 2006. 行楽地・娯楽施設 松原水泳場 :松原湖岸(千々の松原)を利用した水泳場。彦根大花火大会や鳥人間コンテスト選手権大会の会場でもある。 新海浜水泳場 :新海浜を利用した水泳場。 ビバシティ彦根 :1996年(平成8年)4月26日開業した複合商業施設。 彦根カントリークラブ オウミボウル ホテル・旅館 彦根キャッスルホテル - 1997年(平成9年)4月に開業。 グランドデュークホテル - 2004年(平成16年)4月に全客室を改修。 スーパーホテル南彦根駅 - 2001年(平成13年)3月16日開業。 かんぽの宿 彦根 アパホテル彦根南 東横イン彦根駅東口 コンフォートホテル彦根 ビジネスホテル近江 ホテルサンルート彦根 ホテルレイクランド彦根 彦根びわこホテル 琵琶湖コンファレンスセンター ひこねステーションホテル ガーデンホテル大和 ビジネスホテル芹川 ホテルエスタシオンひこね ホテルルートイン彦根 南彦根ステーションホテル 彦根アートホテル 蒼(あお)の湖邸 BIWAFRONT HIKONE(ビワフロント彦根) - 2023年8月開業予定(旧彦根ビューホテル) とばや旅館 料理旅館 八景亭 清瀧旅館 料亭旅館 やす井 びわ湖畔 味覚の宿 双葉荘 文化・名物 祭事・催事 2006年(平成18年)に行われた、第30回鳥人間コンテスト選手権大会の様子 彦根市消防出初式 :1月8日開催。伝統芸能「彦根鳶梯子登り」も行われる。 北野蛭子神社彦根十日えびす祭 :1月9日・10日開催。 梅まつり :彦根城内・梅林にて、3月1日- 31日開催。 桜まつり :彦根城一帯にて、4月1日- 21日開催。 高宮神社春例大祭 :4月上旬に開催。 高宮納涼花火大会 :7月10日前後に開催。県下で一番早い花火大会。cf. 1912. ゆかたまつり :7月開催。 鳥人間コンテスト選手権大会 :松原水泳場にて、7月下旬もしくは8月上旬に開催。cf. 1980. 彦根大花火大会(彦根・北びわ湖大花火大会) :8月上旬。cf. 1949. 彦根七夕まつり :市内商店街にて、8月上旬開催。 ひこね万灯流し :芹川堤(芹橋-後三条橋間)にて、8月中旬開催。 彦根ばやし総おどり大会 :市内商店街にて、8月中旬開催。cf. 1960. 玄宮園で虫の音を聞く会 :9月上旬から下旬まで開催。 小江戸彦根の城まつり :10月上旬から11月上旬まで開催。 彦根シティマラソン :11月の上旬か中旬に開催。ただし、2011年は9月25日開催(予定) 錦秋の玄宮園ライトアップ :11月中旬から下旬まで実施。 彦根えびす講 :市内商店街にて、11月下旬開催。 彦根城除夜の鐘をつく集い :12月31日開催。 名産・特産 彦根のちゃんぽん 食文化 三十五万石 :彦根銘菓の一つで、その名は彦根藩の石高 (cf.) にちなむ。大菅製菓の主力商品。全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞。 埋れ木 :埋木舎の名にちなむ彦根銘菓。1809年に創業し、井伊家御用達となった菓子屋「糸屋重兵衛」、現・いと重菓舗 (cf. 1809) の、現代における主力商品。 ちゃんぽん :市内の食堂で出される和風ちゃんぽんが、1990年代末からご当地グルメとして注目されつつある。 娯楽 カロム :かつては日本全土に普及していた近代由来の室内遊戯。現在では彦根地方に限って一般的に知られ、保存されている。当地では日本選手権大会も開催される。 ひこね第九オーケストラ :毎年冬に第九を演奏。オーケストラも合唱団もアマチュアで構成されている。 学習 彦根城下町検定 :彦根城のご当地検定。 湖東焼 文政12年(1829年)、彦根城下で呉服商・古着商を営んでいた絹屋半兵衛が、伊万里焼の職人を招き、彦根油屋町の古着商・島屋平助と彦根藩御蔵手代・西村宇兵衛を誘って共同で彦根城南(芹川沿い)の晒山(晒屋地区)に「絹屋窯」を開き、湖東焼の創始者となった。ただし、晒山には何らかの問題があったらしく、場所を佐和山山麓の餅木谷に移して築いた窯で成功させたのが始まりとされている。 窯はその後、経営難に陥って半兵衛一人で営まれることとなるが、研鑽を重ねて品質を高め、第14代藩主・井伊直亮治世下の天保13年(1842年)、藩直営となった。 湖東焼は直亮と次の第15代藩主・直弼の治世下で最盛期を迎えるが、幕府大老を兼任していた直弼が江戸城桜田門外で暗殺された後は彦根藩内の空気も一変し、政情不安の煽りで職人のほとんどが離散してしまう。残った地元生まれの4名だけでは存続も叶わず、藩窯は2年後に閉鎖を余儀なくされた。それ以降は民窯として複数の窯が存続していたものの、それらも1895年(明治28年)までに全てが閉鎖され、湖東焼は途絶した。 湖東焼の復興を願う機運が高まりを見せたのは昭和末期のこと。これを図る人たちは滋賀県と彦根市の賛同を得て「湖東焼復興推進協議会」を発足させ、1986年(昭和61年)に窯を築いて試作を始めた。さらに2005年(平成17年)7月27日には、同協議会は滋賀県の認証を得、新たにNPO法人「湖東焼を育てる会」として発足した。 方言 現在の彦根市では全域で近畿方言(関西弁)の一種である近江弁が話され、そのなかでも湖東方言に分類される。湖東方言は京都色が強い湖南方言と特殊な湖北方言の中間的な方言であり、湖北方言圏と隣接する彦根市・犬上郡は湖東地方南部と比べて湖北方言との共通面が多い。また市山間部で交通の便が悪かった武奈町や男鬼町の方言は平野部と異なる特徴を持ち、多くの古語が残されていた。 彦根周辺の方言の特徴としては、間投助詞「なあし」(「なあ」の上品な表現。主に高齢女性が使用)や終助詞「ほん」(柔らかな強調や念押しを表す)などが挙げられ、彦根を中心に湖北から湖東にかけて広く使われてきた。また旧城下町では「おみ(=お前)」や「たのみましょう(=ごめんください)」など、武家言葉に由来する独特の表現があった。 ちなみに「彦根」のアクセントは共通語と地元の方言で違いがあり、全国共通語のアクセントでは平板型で発音するのに対し、地元では「こ」のみが高い中高型で発音する。地元を走る近江鉄道本線の自動車内放送でも中高型で放送されている。 スポーツ 野球 滋賀GOブラックス(NOL)- 本拠地:オセアンBCスタジアム彦根 バスケットボール 滋賀レイクスターズ(B.LEAGUE)- ホーム試合が彦根市民体育センターや彦根市スポーツ・文化交流センターで行われていた。 サッカー レイラック滋賀FC(JFL) - 2023年5月23日にホームタウン締結を結ぶ。この協定では、将来のJ3昇格を目指すクラブを市として支援するほか、サッカーの普及活動や彦根市の観光PR活動を展開する。

ページの先頭へ戻る