梅田 の おすすめ人気 手コキ風俗店

梅田で年齢から選ぶ

10代 20代

20代 30代

人妻 熟女

梅田でプレイ・オプションから選ぶ

梅田のプレイ・オプション 一覧

梅田の手コキ風俗店で以下のプレイやオプションが出来るお店を表示いたします。

オプション一覧内で文字検索をします。(※アルファベットは小文字、数字は半角で入力)全表示に戻す場合はクリアボタンを2回クリックしてください。

手コキ風俗「おすすめ店!」PR

梅田 の おすすめ人気 手コキ風俗店

M性感Mon chouchou(モンシュシュ)

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~24:00 75分 / 26,400円~ 梅田発・近郊 出張 070-2235-0214

只今入会金3300円→無料キャンペーン実施中

厳選された極上な女性と『全身がおチンポになれて5回イケる』究極のM性感を体験してみませんか?テレビ出演経験もある風俗講師の女性オーナーが、12年間研究したテクニックで、絶頂を楽しんでください。

大阪 『マッサージ愛』

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 15,000円~ 大阪府大阪市発 出張 080-2026-0795

【大阪発】密着性感回春アロママッサージ&前立腺M性感 専門店! アロマ『愛』の特長 1 当店は高級美女の 熱烈サービスです。 2 前立腺マッサージ を 基本料金で受ける事が 出来ます。 3 当店は密着マッサージ です。

大阪OPE

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~23:00 60分 / 15,000円~ 大阪府大阪市発 出張 待ち合わせ 06-6753-8335

あらゆるフェチM変態願望をS痴女たちが叶える最終到達点(店) OPEは、ケバ化粧&厚化粧フェチ・鼻舐め・顔舐め・聖水・顔面騎乗・S痴女・クンニフェチ・唾液フェチ・お尻フェチ・匂いフェチ・ペニバン・寝取られM・おならフェチ・咀嚼

ニューハーフヘルス MAX

ニューハーフヘルス (手コキあり) 12:00~24:00 30分 / 9,000円~ 地下鉄各線・阪急梅田駅 店舗型 06-6363-3263

ニューハーフ専門店で、手コキ・フェラ・アナルとお楽しみ下さい!

キャミソール

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 12,000円~ 大阪発・近郊 出張 0120-960-547

キャミソール|大阪市出張|手コキ専門店・オナクラ|厳選された美女と優雅な一時

お姉さんの指先

手コキ・オナクラ 10:00~22:00 60分 / 14,000円~ 大阪発・近郊 出張 待ち合わせ 0120-868-846

大阪のオナクラ「お姉さんの指先」は年上・お姉さん好き専門店です。ここでしか手に入らない「心から気持ちいい」があります。男性の中から本能を、唯一解放出来る場所です。

エピレ

手コキ・オナクラ 24時間営業 30分 / 12,000円~ 梅田発・近郊 出張 0120-969-692

風俗で性病?当クリニックではそんなご心配やお悩みを解決します。経験豊かなカウンセラーがあなたの身体をくまなくチェック。性病の恐れが無いことを確認してから身も心もスッキリしてくれることでしょう。

今日はココまで!

手コキ・オナクラ 24時間営業 45分 / 10,000円~ 梅田発・近郊 出張 0120-542-642

大阪オナクラ完全素人専門店「今日はココまで!」。素人のウブで男性経験すらわずかの女の子ばかり集めました。

フラミンゴ

手コキ・オナクラ 24時間営業 30分 / 4,000円~ 梅田発・周辺 出張 06-4708-5307

パンチラ見放題!しかもその場でオナニーし放題!究極のドキドキと興奮を味わいながら素人娘のチラリズムをオカズにできちゃう、大阪初のパンチラオナクラ「フラミンゴ」が誕生!

なでシコ女学院

手コキ・オナクラ 10:00~last 45分 / 11,000円~ 梅田発・近郊 出張 0120-779-965

なでシコ女学院|大阪市出張|手コキ専門店・オナクラ|学園系放課後オナニー倶楽部!スリルと興奮を味わえる唯一の場所

ストップ

手コキ・オナクラ 24時間営業 30分 / 9,000円~ 梅田発・近郊 出張 06-4708-4778

ストップ|大阪市出張|手コキ専門店・オナクラ|業界未経験の素人専門

Clear GREEN~クリアグリーン~

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 14,000円~ 大阪発・近郊 出張 0120-946-335

ナース服で カウンセリング 清楚系・可愛い系・キレイ系のカウンセラーが あなたの陰部を優しく刺激 普段一人で扱うおもちゃをよりリアルな感覚へ… 遅漏のお悩み・性に関する悩みなどを解消 できる神聖な空間へよう

キャラメル

手コキ・オナクラ 24時間営業 45分 / 12,000円~ 大阪発・近郊 出張 0120-960-037

最高に甘い思い出を… 素人娘の宝庫でもあるキャラメルは素人未経験の女の子がいっぱいです! コースは3種類ご用意いたしております。ソフトコース・添い寝コース・フェチコースといった 抜群の内容で45分コース1本でご提供いたしておりま

おにゃくら

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 12,000円~ 梅田発・近郊 出張 0120-946-449

オナクラ・手コキ専門店といえばおにゃくら!素人系子猫がいたずらしちゃう、安心の風俗営業許可店です。

みこすり半道場 大阪店

手コキ・オナクラ 24時間営業 5分 / 2,000円~ 大阪府大阪市 出張 06-6770-9091

当店は無店舗型出張オナクラ手コキ風俗店です。日本全国の各地域に登録した女性がお客様のところへ出張します。当店では専属ドライバーを雇っておらず女性自身が直接の交通手段(自転車、バイク、自動車、電車、バス、タクシー、徒歩)で移動をしますの

リラックススペース

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 6,000円~ 梅田発・近郊 出張 0120-946-174

新感覚疑似恋愛!彼氏気分でオナクラといえば大阪のリラックススペース

ESQUiSSE~エスキス~

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 18,000円~ 大阪発・近郊 出張 06-6643-9696

高級オナクラ -ESQUISSE(エスキス)- 高級な女性との心温まる癒しのお時間はいかがでしょうか?

巨乳じゃなくてもいいじゃない!

手コキ・オナクラ 24時間営業 40分 / 10,000円~ 梅田発・周辺 出張 0120-536-699

貧乳・微乳が大好きな男性のためのCカップ以下の女の子限定オナクラ 貧乳・微乳と、オナクラとの融合。 オナクラ最大のポイントは、「素人の女の子の恥じらいやぎこちなさ」であると言い ました。では、貧乳・微乳の女の子とは?ちっ

オナクラ★ライブ 関西店

手コキ・オナクラ 14:00~24:00 20分 / 3,000円~ 大阪発・近郊 待ち合わせ 090-9811-6495

当店はオナクラ関西を中心に出張(デリバリー)も出来る業界最大手のニューハーフヘルス店です。 ご来店の場合は個室代無料でAF・逆アナルもプレイできます。オプションのソフトS・ソフトMやM性感などと組み合わせたフェチプレイまでも。 人気A

梅田メンズエステ すいみんぐすくーる

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 13,000円~ 梅田発・近郊 出張 待ち合わせ 06-6366-2222

梅田発で年中プール開き☆ 学生時代が蘇る!あのスクール水着を着たぴちぴちボディの可愛い女子たちと ヌルヌル密着プレイ!

梅田に別エリアから派遣可能な手コキ風俗店

僕たちは乳首が好き!!大阪店

手コキ・オナクラ 11:00~翌3:00 40分 / 9,900円~ 地下鉄「谷町九丁目駅」 (梅田 派遣OK) 出張 待ち合わせ 06-4256-3212

【オープン記念】40分★ご新規限定割引

時間いっぱい乳首舐め&手コキが終わることなくずっと続く「乳首舐め&手コキ&亀頭責め&ちくび開発専門店」フェチ、痴女、M性感を掛け合わせた受身風俗を存分に楽しめるオナクラ専門

YUDEN~油殿~

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌3:00 75分 / 18,000円~ 谷九 日本橋待ち合わせ (梅田 派遣OK) 待ち合わせ 080-2532-7398

メンズエステでは叶わなかった ヘルスでは物足りなかった そんな貴方に もう後戻り出来ない ようこそ快楽の楽園へ YUDEN~油殿~

Alice Spa~アリス スパ~

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~翌3:00 60分 / 13,000円~ 日本橋発・大阪市内全域 (梅田 派遣OK) 出張 待ち合わせ 06-6809-4982

期間限定60分13000円 100分18000円

癒し系・尽くし系・甘えた系・萌え系・妹系・姉系・ツンデレ・・・清楚でかわいい素人系ご奉仕メイドの☆超リラクゼーション♡アロマエステ

桃色ハンドソープ

手コキ・オナクラ 19:00~翌3:00 30分 / 4,980円~ 大阪府大阪市日本橋出張 (梅田 派遣OK) 出張 待ち合わせ 06-7503-6051

素人の女の子と、風俗業界最安値30分4900円で遊べます。大阪発、激安オナクラ、手こき専門店の、桃色ハンドソープで、今夜ちょっとだけ寂しいアナタは大満足、安眠をお約束。

南大阪回春性感エステ オールスターズ

エステ・回春 (手コキあり) 24時間営業 60分 / 12,000円~ 大阪府堺市出張 (梅田 派遣OK) 出張 待ち合わせ 072-246-9318

サブコンテンツ
梅田エリアの特徴

梅田(うめだ)は、大阪府大阪市北区に広がる大阪を代表する日本有数の規模の繁華街・オフィス街。または、北区の町名。現行行政地名は梅田一丁目から梅田三丁目まで。実際には大阪駅・梅田駅を中心により広範な地域を指す。 概要 中之島・梅田方面 東梅田 梅田は大阪市北区の町名であり、一般的には梅田駅・大阪駅周辺の繁華街を指す。梅田は、その規模・面積・売上において世界屈指の繁華街を形成している。また、超高層ビルが林立する西日本最大のオフィス街でもあり、堂島・中之島・船場などともに大阪の中心業務地区 (CBD) を構成している。行政上の町名としての梅田は大阪駅およびその南側の御堂筋、曽根崎通、福島区境に囲まれた範囲に過ぎないが、広域地名としての梅田は、周辺の角田町や芝田、大深、大淀、茶屋町、曽根崎などを含む地域に用いられることもある。ただし、曽根崎通の南側に位置し、江戸時代以来の市街地である北新地を指して梅田などと呼ぶケースは稀である。一方、曽根崎通の北側では隣駅となる中崎町駅、中津駅 (Osaka Metro)、中津駅 (阪急)付近まで梅田と呼ばれることがあり、キタやミナミ同様に地理的な範囲は明確には定義されていない。 大阪駅開業当時の1874年頃の梅田周辺は田畑や梅田墓地が広がり、豊臣秀吉が築いた大阪城周辺や、江戸時代の繁華街であった船場や堂島などから離れ、1889年の市制施行時における大阪市域からも外れた、郊外の農村地帯であった。市街地の堂島に近い場所に大阪駅を建設する計画もあったが、鉄道黎明期の当時は市街地での鉄道建設への反対運動が根強く、また神戸方面からの線路を京都方面へ直通を見越して延伸できるよう、現在地付近に建設された。その後、阪神や阪急の梅田駅といった私鉄の乗り入れや、大阪市の発展とそれに伴う郊外住宅地の拡大により、大阪北部の鉄道交通の拠点として発展した。長距離の広域輸送においては、東海道・山陽新幹線の開業や、寝台列車の削減により、新大阪駅にその座を譲ったものの、戦後はかつての大阪市中心部を凌ぐ商業・業務機能を備え、大阪最大級の都心の一つとして認識されている。 梅田は巨大な百貨店を複数擁する日本屈指の百貨店激戦区であるとともに専門店・飲食店などが多数集積している。早くから阪急百貨店・阪神百貨店といった電鉄系百貨店が本店を構え、1980年代にはミナミの老舗大丸も大阪駅の駅ビルに進出。梅田の百貨店の売場面積は日本一、総売上高も新宿(東京都)に次ぎ全国2位である。特に地域一番店の阪急百貨店うめだ本店は世界初のターミナルデパート(駅直結型百貨店)として、伊勢丹新宿店に次ぐ国内2位の店舗別売上高を誇る。百貨店以外にもルクア大阪、HEP FIVE、グランフロント大阪、日本一の売上を誇る家電量販店のヨドバシ梅田といった集客力の高いファッションビル・大型商業施設などが数多く集積している。2011年にはJR大阪駅の駅ビルが再開発により大阪ステーションシティとして開業し、百貨店・ファッションビル・オフィスなどで構成される日本屈指の巨大複合商業施設が誕生した。また、主要道路の地下にホワイティうめだ・ディアモール大阪といった地下街が発達し、商業施設群の地下フロアのほか、曽根崎通以南の四つ橋筋の地下にあるドージマ地下センターとも結合しており、併せて日本最大級の地下街を形成している。 梅田のオフィス街整備は再開発によるところが大きく、ダイヤモンド地区、オオサカガーデンシティ、グランフロント大阪などの複数の大型再開発事業によって、伝統的な大阪の中心業務地区 (CBD) である船場(中央区)を凌駕するビジネス街となった。また、北区内の既存のビジネス街である中之島・堂島のように超高層ビルが林立し、華やかな都市景観を魅せている。これらの大規模再開発によって大量のオフィスビルが供給され、交通至便な梅田に本社・支社等を置く企業が増加した。ただし、梅田周辺は北方向に位置する大阪国際空港(伊丹空港)の着陸進路に当たることから航空法による高さ規制の対象地域であり、同法第49条による制限表面によって200mを超えるビルの建築が困難であるため、梅田にあるビルは梅田ガーデンの191mが最高である。なお、制限表面は伊丹空港からの半径16.5kmまでは50m離れるごとに1m緩和されるため、北側の方が制限がより厳しい。 鉄道駅は、阪急大阪梅田駅、阪神大阪梅田駅、Osaka Metro梅田駅・東梅田駅・西梅田駅、JR大阪駅、北新地駅と私鉄や地下鉄、JRの駅が集積しており、西日本最大のターミナル駅となっている。梅田地区の鉄道駅は総称して「大阪・梅田駅」または「大阪駅・梅田駅」などと称されることもあり、駅名こそ統一されていないが徒歩での乗り換えが可能である。これらの駅の利用者数合計は1日約240万人を誇り、新宿駅・渋谷駅・池袋駅に次ぐ世界4位であり、東京都以外の駅では首位である。 高速バスは大阪駅周辺バスのりばが点在し、西日本最大規模のバスターミナルを形成している。 再開発計画 三菱地所を中心に大阪駅北側の梅田貨物駅跡地のうめきたエリアの再開発が進行中である。2013年に先行開発区域(第1期)として複合商業施設であるグランフロント大阪が開業。現在はグランフロント大阪の西側のエリアで第2期開発が進行中であり、大規模な都市公園やホテル・オフィス・住宅(マンション)などで構成される。2024年に一部区域の先行街開き、2027年度に全体完成が予定されている。 JR西日本は大阪駅北側の梅田貨物線(東海道本線支線)を地下化し、2023年にうめきた2期地区に大阪駅の地下ホーム(建設中の仮称:北梅田駅)を地下に設置する。これにより関空特急「はるか」・きのくに線特急「くろしお」が停車し、関西国際空港・南紀地方から梅田へのアクセスが向上する。さらに、大阪駅地下ホームは2031年開業予定のなにわ筋線が乗り入れ予定であり、南海電鉄沿線や関西空港とのさらなるアクセス向上が見込まれている。他にも阪神百貨店の建て替えや、大阪中央郵便局跡地の再開発など、梅田は近畿圏で最も再開発が盛んに行われているエリアである。 梅田の範囲 広義の梅田地区 現行町名の梅田 梅田一丁目 - ダイヤモンド地区(大阪駅前第1ビル、第2ビル、第3ビル、第4ビル、大阪梅田ツインタワーズ・サウス(阪神百貨店)、大阪マルビル、ヒルトン大阪、ディアモール大阪など) 梅田二丁目 - オオサカガーデンシティ(ハービスENT、ハービスOSAKAなど)、ブリーゼタワーなど。 梅田三丁目 - 大阪駅(大阪ステーションシティ)、オオサカガーデンシティ(毎日新聞ビル、毎日インテシオ、大和ハウス大阪ビル、西梅田スクエアなど) 現行町名によらず、大阪駅・梅田駅を中心にその周辺一帯は大阪で一番の繁華街を形成しているため、この地域全体を一般に「梅田」と呼んでいる。一般に梅田と呼ばれている地域は、現行町名の梅田以外に、大深町、芝田、茶屋町、鶴野町、中崎西二丁目から四丁目、万歳町、神山町、堂山町、太融寺町、兎我野町、小松原町、角田町、曾根崎、西天満六丁目、大淀南一丁目と二丁目、大淀中一丁目、福島六丁目、中津一丁目と五丁目、豊崎二丁目から五丁目辺りになるが、「梅田」の知名度が非常に高いため「梅田」を冠したビル名、店舗名はこれらの地以外にも存在する。 大規模施設である阪急大阪梅田駅や梅田スカイビル、梅田センタービル、旧JR梅田貨物駅も住所は梅田ではない。特に梅田スカイビルが所在する大淀および中津、豊崎は以前は大淀区(さらに以前は大淀は西淀川区、中津、豊崎は東淀川区)であり、後に北区に統合された地域である。 各地区の紹介 ダイヤモンド地区 ダイヤモンド地区のビル群 大阪駅前第2ビルと第1ビル 大阪駅前第3ビル 大阪駅前第4ビル 大阪マルビルとヒルトン大阪 梅田DTタワー 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 梅田一丁目 ダイヤモンド地区は大阪駅南側の梅田一丁目を指し、地区北側の道路地下に阪神大阪梅田駅、南側の国道2号線の地下にJR東西線北新地駅がある。地区内には、阪神百貨店(大阪梅田ツインタワーズ・サウス)、大阪マルビル、ヒルトン大阪、梅田DTタワー、大阪駅前ビル(第1、第2、第3、第4)、ファッションビルのイーマなどが建つ。大阪駅前ビルは大規模な雑居ビル郡である。阪神百貨店の南側はかつては闇市の面影を残す民家の密集した薄暗い一帯であり、買収等再開発区画整理に非常に手間取ったが、今や高層ビルの建ち並ぶ近代的な区画となった。中でも初期に立てられた大阪マルビルは、円筒形の独特な外観から梅田の象徴的存在であり、2003年まで最上部に設置されていた電光掲示板は梅田の名物でもあった(2005年10月4日に部分的に復活)。ダイヤモンド地区(梅田一丁目)の南側には関西随一の高級歓楽街として有名な北新地が位置している(住所上は曽根崎新地)。 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 阪神百貨店梅田本店 ヒルトン大阪 ヒルトンプラザ大阪(ヒルトンプラザイースト) 大阪マルビル 大阪第一ホテル 梅田DTタワー NTTドコモ関西支社 E-MA 梅田ブルク7 東京建物梅田ビル 大阪駅前ビル 大阪駅前第1ビル 各都道府県大阪事務所 大阪駅前第2ビル 三基商事本社(ミキプルーン発売元) 大阪駅前第3ビル 大阪駅前第4ビル 公益財団法人日本イタリア会館大阪事務所 大阪第一生命ビル 梅田スクエアビル 西梅田地区 西梅田 西梅田の超高層ビル群 ハービスOSAKA ヒルトンプラザウエストとハービスENT ブリーゼタワー 明治安田生命大阪梅田ビル 梅田ダイビル 大阪モード学園 梅田二丁目・梅田三丁目 四つ橋筋より西側の梅田二丁目と梅田三丁目のオオサカガーデンシティの地域を指し、阪神電気鉄道(阪神電鉄)などが開発した新しい街並みを形成している。付近にOsaka Metro四つ橋筋線の西梅田駅も位置しており、一帯は西梅田とも呼ばれる。1980年代から、阪神本線の地下化によって生じた跡地や旧国鉄梅田貨物南ヤード跡を再開発した地域で、そのうち、オオサカガーデンシティは1990年代以降、毎日新聞の大阪本社建設を嚆矢とし、ザ・リッツ・カールトン大阪が入居するハービスOSAKAや、オフィスビルといった高層ビルが次々建設された。地域面積は10ha、就業人口は約25,000人の梅田屈指の超高層ビルが林立するエリアとなった。2004年には、劇団四季専用劇場や高級ブランド店などが入居するハービスENT、ヒルトンプラザウエスト(旧ホテル阪神や新阪神ビルの跡地)の完成をもってこの地域の開発は一段落した。2008年、オオサカガーデンシティ南側のサンケイビル跡地に34階建てのブリーゼタワーが完成し、毎日新聞社も大阪本社隣接地に高さ99mのテナントオフィスビルを建設するなど、一帯は超高層ビル群を形成している。JR大阪駅の桜橋口を出てすぐ西にあった大阪中央郵便局は移転し、跡地は西梅田スクエアという期間限定のイベント広場になっており、隣接地と合わせ超高層ビルに再開発される予定である。 西梅田スクエア(大阪中央郵便局跡地のイベント広場) ハービスOSAKA(梅田阪神第1ビルディング) ザ・リッツ・カールトン大阪 カルチュア・コンビニエンス・クラブ大阪本社 TBS関西支社 阪急交通社本社 グンゼ本社 ハービスENT(梅田阪神第2ビルディング) 大阪四季劇場 ビルボードライブ大阪 オフィスタワー 三菱商事関西支社 ヒルトンプラザ大阪(ヒルトンプラザウエスト) オフィスタワー LVMHジャパン大阪支店 毎日新聞ビル 毎日新聞社大阪本社 スポーツニッポン新聞社大阪本社 オーバルホール 毎日インテシオ 大和ハウス大阪ビル 大和ハウス工業本社 大阪モード学園 梅田ダイビル 明治安田生命大阪梅田ビル 椿本興業本社 大阪中央病院 ハートンホテル西梅田 ホテルモントレ大阪 ブリーゼタワー サンケイホールブリーゼ 日本ハム本社 バイエル薬品日本法人本社 全日本空輸大阪支店 フジテレビ関西支社 ヤフー大阪支社 パシフィックマークス西梅田(旧スノークリスタルビル) 大阪ステーションシティ(JR大阪駅ビル) サウスゲートビルディング 大阪ステーションシティ 大阪駅 時空の広場 うめきた広場から見た大阪駅アトリウム広場 梅田三丁目 2011年にJR西日本による再開発によって誕生したJR大阪駅を核とする巨大複合商業施設・駅ビルである。ホテルやオフィス、ファッションビル、百貨店、シネマコンプレックス等で構成される。南側中央口にはサウスゲートビルディングがあり、JR西日本グループのシティホテルであるホテルグランヴィア大阪や百貨店の大丸などが入居している。また、北側にファッションビルのルクアやルクア1100(イーレ)、シネマコンプレックスなどがが入居するノースゲートビルディングがあり、伊藤忠商事の大阪本社などが入居する28階建ての高層棟を併設している。現在、南側のサウスゲートビルディングと北側のノースゲートビルディングとの間の大阪駅ホーム上に日本最大規模のドームと橋上駅舎が作られ、広々とした空間に外光を取り入れた新しい空間が生まれている。 サウスゲートビルディング 大丸梅田店(ハンズ梅田店) ホテルグランヴィア大阪 ノースゲートビルディング ルクア ルクア1100 大阪ステーションシティシネマ 大阪駅JR高速バスターミナル オフィスタワー 伊藤忠商事大阪本社 タキロンシーアイ本社 エキマルシェ大阪 ALBi 梅三小路 阪急梅田・茶屋町地区 阪急百貨店うめだ本店 阪急グランドビル HEP NAVIO HEP FIVE アプローズタワー 梅田ロフトと毎日放送本社 梅田センタービル NU茶屋町プラス OIT梅田タワー 芝田一丁目・角田町・茶屋町・鶴野町・中崎西二丁目など 阪急電鉄最大のターミナルである阪急大阪梅田駅を中心に東と北へ広がる地域。旧・阪急東宝グループの各種施設が多いため、俗に「阪急村」と呼ばれることもある。南側は店舗売上高西日本1位(日本2位)の阪急百貨店うめだ本店本館(地上187m41階建)、その東側には阪急メンズ大阪とTOHOシネマズ梅田が入居するHEP NAVIOと若者向けのファッションビルのHEP FIVE、高層ビルの阪急グランドビル、NU茶屋町などの旧・阪急東宝グループの主要施設が集積している。阪急大阪梅田駅高架下には専門店街の阪急三番街、阪急三番街の北には古書店が軒を連ねる阪急古書のまち、飲食店や居酒屋が軒を連ねる阪急かっぱ横丁などがある。また、HEP FIVEの屋上にある真っ赤な観覧車は大阪・梅田のランドマーク的存在である。 阪急大阪梅田駅の西側の芝田一丁目には大阪新阪急ホテル、その北側の北野阪急ビルには飲食店やフィットネスクラブが入居するDD HOUSEと新阪急ホテルアネックスがある。芝田一丁目の北詰には阪急電鉄の本社ビルがある。新御堂筋を東に超えた鶴野町・中崎西二丁目にも梅田と冠した高層ビルが立ち並び、梅田センタービルなど梅田と名の付くビルはさらに外延部にも広がっている。 阪急大阪梅田駅すぐの北東側に位置する茶屋町は1990年代に入ってから急速に発展した地域であり、キタ随一の「若者の街」である。阪急電鉄が開発した複合商業ビルのアプローズタワー(ちゃやまちアプローズ)や商業施設のNU茶屋町などが位置する。茶屋町が脚光を浴び始めたのは毎日放送 (MBS) が移転し、梅田ロフトができた頃からだといわれている。茶屋町には、池田泉州ホールディングスの本社が所在し、その傘下行として2010年5月に発足した池田泉州銀行の本店所在地となっている(営業窓口としては、同地にあった旧池田銀行・大阪梅田営業部を継承し、営業店名も大阪梅田営業部のままとなっている)。また、2017年には旧梅田東小学校跡地にOIT梅田タワーが建設され、大阪工業大学梅田キャンパスとして開校している。 大阪梅田駅 (阪急) 阪急三番街 紀伊國屋書店梅田本店 大阪梅田ツインタワーズ・ノース 阪急百貨店うめだ本店 オフィスタワー クラレ大阪本社 東芝関西支社 リクルートグループ大阪支社 サイボウズ大阪オフィス 阪急ターミナルビル 阪急17番街 阪急グランドビル 阪急32番街 大阪新阪急ホテル 北野阪急ビル 新阪急ホテルアネックス DDハウス HEP NAVIO(旧:NAVIO阪急) 阪急メンズ大阪 TOHOシネマズ梅田(シアター1 - 8) HEP FIVE(旧・阪急ファイブ) EST(主にJR高架下) 新梅田食道街(JR高架下) 梅田センタービル ダイキン工業本社 アニメイト梅田店 ABC-MART梅田ビル(←AIG梅田ビルから改称) 梅田オーパ H&M UMEDA ABC-MART Grand Stage 梅田 ヤンマーフライング Y ビルディング(ヤンマー本社ビル) UNIQLO OSAKA NU茶屋町 NU茶屋町プラス MBSメディアホールディングス・毎日放送 (MBS) 本社 梅田ロフト ちゃやまちアプローズ 梅田芸術劇場(←梅田コマ劇場←劇場飛天から改称) ホテル阪急インターナショナル 阪急阪神ホールディングス・阪急電鉄本社 チャスカ茶屋町 MARUZEN&ジュンク堂書店 ピアスタワー ピアス本社 GAORA本社 池田泉州銀行本店 OIT梅田タワー(大阪工業大学 梅田キャンパス) 大阪駅北地区(うめきたエリア) グランフロント大阪 済生会中津病院 ヨドバシ梅田 うめきた広場 大深町・芝田二丁目 JR大阪駅北側の地域。芝田二丁目にはJR西日本本社ビル、済生会中津病院などがある。広大なJR梅田貨物駅(梅田北ヤード)跡地は現在再開発中で、この地区には「うめきた」の愛称が付けられた。もともと、駅ビルのアクティ大阪(現:サウスゲートビルディング)やダイヤモンド地区、複数の百貨店などが位置する南口が駅の表玄関なのに対して、北口は大阪駅の裏口的存在であった。しかし大規模な開発によってヨドバシ梅田やノースゲートビルディング、グラントフロント大阪といった巨大複合商業施設が完成し、近年大きく発展している。特に大深町はうめきた2期再開発が進むにつれ公示地価が上昇しており、現在では大阪駅に近いグランフロント大阪南館付近(大深町4-20)が西日本で最も地価が高い地点となるなど、これから最も発展の期待ができる地区である。 うめきたエリア(大深町)は2001年、(大阪鉄道管理局→)JR西日本本社の跡地にヨドバシ梅田が開業してから注目され始めた。現在は広大な貨物駅跡の敷地の再開発が進行中である。先行開発地区(第1期)には複合施設のグランフロント大阪が2013年に街開きし、中核をなす「ナレッジキャピタル」にはパナソニックや大阪大学など多数の企業や大学、団体が入居しており、170-180m級の超高層ビルが4棟立ち並ぶ。大阪駅前に設けられた広大な駅前広場の「うめきた広場(安藤忠雄設計)」と、大きなシンボル軸、賑わい軸がペデストリアンデッキで結ばれている。現在再開発中のグランフロント大阪西側のエリア(第1期地区残りの17ha余りの地区)は2024年の一部街開き、2027年度の全体完成を目標にうめきた第2期地区として大規模な都市公園・オフィス・ホテルなどに再開発される予定である。また、JR西日本は梅田貨物線(東海道本線支線)を地下化し、2023年に新たに大阪駅に地下ホーム(仮称:北梅田駅)を設置予定である。これにより関空特急「はるか」が大阪駅に停車できるようになり、関西国際空港から梅田へのアクセスが向上する。さらに、北梅田駅は2031年開業予定のなにわ筋線の乗り入れが計画されている。 一方でヨドバシカメラも家電量販店として売上高日本一を誇るヨドバシ梅田の再開発の動きを見せている。2016年8月に同社はヨドバシ梅田の北側の駐車場として利用していた用地に高さ約150m、延べ床面積約10万5200㎡の超高層ビルの「ヨドバシ梅田タワー」を建設することを発表した。2017年夏にも着工し、2019年11月に開業した。このうち低層部の商業施設「LINKS UMEDA(リンクス梅田)」には既存のヨドバシ梅田と同規模の店舗が入居だけではなく、新たに壁面の緑化や観光バスの発着スペースが整備された。高層部には阪急阪神ホテルズが 新ブランドホテル「ホテル阪急レスパイア大阪」として入居し(客室数1,030室、2019年11月27日開業)、外国人観光客の一大交流拠点を目指す。また、大阪駅周辺の回遊性を高めるために隣接するJR大阪駅の大阪ステーションシティ、グランフロント大阪、大阪梅田駅 (阪急)、芝田二丁目の4方向にペデストリアンデッキが整備されている。 グランフロント大阪 南館(タワーA) 参天製薬本社 日東電工本社 キリングループ大阪支社 三菱電機関西支社 北館(タワーB, C) ナレッジ・キャピタル AIGジャパン・ホールディングス大阪本(タワーB) アストラゼネカ日本法人本社 富士電機関西支社 スクウェア・エニックス大阪事業所 インターコンチネンタルホテル大阪(タワーC) ヨドバシ梅田 ヨドバシカメラマルチメディア梅田 LINKS UMEDA(商業施設) ホテル阪急レスパイア大阪(ヨドバシ梅田タワー) JR西日本本社 ウインズ梅田(中央競馬 場外馬券売場) 済生会中津病院 新梅田シティ 大淀中一丁目 新梅田シティは大阪駅から見て北西にあるツインビルの梅田スカイビルとウェスティンホテル大阪を中心とする地域。JR環状線福島駅・阪神本線福島駅の北約800mに位置し、梅田貨物駅(梅田北ヤード)の再開発地区の西に隣接している。積水ハウス、東芝、青木建設、ダイハツディーゼルの所有地だったのを、1986年から、この4社の共同事業(大阪北梅田再開発事業)として再開発事業を着手し、整備された。梅田スカイビルは、ツインビルの上層が連結され、その上を「空中庭園」としている。庭園といっても植物はなく屋上の展望デッキのことである。超高層ビルの屋上が展望台になっている所は珍しく、風を感じながら展望できる。ここから西梅田の超高層ビル全体を間近に見ることができるほか、生駒山や六甲山、天気が良ければ和歌山方面、明石海峡大橋、関西国際空港などが眺められ、観光スポットになっている。かつては近くに朝日放送の大淀社屋(大阪タワー)もあったが、現在は解体され、中之島のほたるまちに移転している。現在は梅田貨物駅跡地(うめきた)や梅田貨物線(東海道線支線)により大阪駅一帯と断絶されているが、梅田貨物線の地下化およびうめきた2期地区の再開発完了により新たに生まれる再開発地区や梅田の中心地と一体的につながる予定である。 梅田スカイビル 積水ハウス本社 ダイハツディーゼル本社 プラチナゲームズ本社 ウェスティンホテル大阪 東梅田地区 大阪富国生命ビル 曽根崎警察署 OSビル 阪急東通商店街 お初天神通り商店街 露天神社 小松原町・堂山町・曽根崎二丁目・太融寺町・兎我野町 JR大阪駅の東から東南わたる場所に位置し、曽根崎警察署や大阪富国生命ビルなど大小のビルが多く建ち並ぶ地区。また阪急百貨店から東に延びる阪急東通商店街(小松原町・堂山町)、曽根崎二丁目を南北に延びる曾根崎お初天神通り商店街を中心とした歓楽街を指す。阪急東通商店街は、居酒屋などの飲食店が多く、パチンコ店やゲームセンター、風俗店なども数多く建ち並ぶ。曽根崎お初天神通り商店街は、露天神社(お初天神)に向かって南に延びる商店街で、居酒屋や寿司屋、お好み焼き屋などが数多く建ち並ぶ、阪急東通商店街とは少し違う雰囲気をもった商店街である。堂山町は、ラブホテルや風俗関連の店が多い地域であり、西日本最大の同性愛者のコミュニティでもあり、競艇の場外舟券売場であるボートピア梅田がある。太融寺町のプラザ梅田ビルには、ライブハウスやプロレス場、大衆演劇などがある。 大阪富国生命ビル OSビル NAMCO梅田店 OS楽天地ビル(旧OS劇場) TOHOシネマズ梅田 アネックス(シアター9・10) ドン・キホーテ梅田本店 ラウンドワン梅田店 曽根崎警察署 清和梅田ビル 梅田OSビル 梅田OSホテル 阪急東通商店街 曾根崎お初天神通り商店街 露天神社(お初天神) プラザ梅田ビル(旧:梅田ピカデリー) 梅田CLUB QUATTRO ボートピア梅田(場外舟券売場) 北新地 北新地 北新地 北新地(きたしんち)は、大阪府大阪市北区の歓楽街。 曽根崎新地一丁目・堂島一丁目 北新地は曽根崎通より南の地域で、中之島沿いのビジネス街に隣接しているため梅田には含めないこともある。バブル期には高級クラブなどが軒を連ね、上級の歓楽街として位置付けられていたが、近年は庶民的な居酒屋や飲食店なども増え、性風俗店や客引きも無いことから、安心して飲みに行ける街としてバブル期とは違った人気がある。曽根崎通の地下には北新地駅(JR東西線)がある。 地下街 梅田の地下街は1942年に完成した「大阪駅前地下道」(約5700m2)を嚆矢とする。2017年現在、北は茶屋町、南は堂島、東は堂山町、西はオオサカガーデンシティまで広がっている。構成する道路下の主な地下街はホワイティうめだ、ディアモール大阪、ドージマ地下センター。これに加えて、阪急三番街、阪急百貨店、阪神百貨店、JR大阪駅、大阪駅前ビル、大阪富国生命ビル、新阪急ビル、ハービスOSAKAなどのビルの地下階が地下街とほぼ一体化した巨大な繁華街を構成している。これらは地上にスペースを確保できないことから地下にスペースを求めたことで無計画に拡張・連結されたため、各々の連絡や統一性などが非常に悪く、インターネット上やメディアでは「迷宮」や「梅田ダンジョン」と称される。2016年現在、2022年末までの予定で、阪神電気鉄道大阪梅田駅(地下2階)と阪神百貨店梅田店の地下1階売り場を北側に拡張し、阪神百貨店売り場に隣接する東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)を移設・拡幅する工事が行われている。 ホワイティうめだ ディアモール大阪 ドージマ地下センター ホワイティうめだ ドージマ地下センター 地下道(ホワイティ梅田) 泉の広場 梅田駅(うめだえき)は、大阪府大阪市北区角田町にある、大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) 御堂筋線の駅。駅番号はM16。 当駅からの接続路線 いずれの駅も当駅から徒歩での連絡が可能である。 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) T 谷町線 - 東梅田駅 (T20) Y 四つ橋線 - 西梅田駅 (Y11) 阪神電気鉄道 本線 - 大阪梅田駅 (HS 01) 阪急電鉄 - 大阪梅田駅 (HK-01) 神戸本線 - 当駅が起点。 宝塚本線 - 当駅が起点。 京都本線 - 当駅が起点(戸籍上の起点は十三駅)。 西日本旅客鉄道(JR西日本) O 大阪環状線、A JR京都線・JR神戸線、G JR宝塚線 - 大阪駅 H JR東西線 - 北新地駅 谷町線東梅田駅、四つ橋線西梅田駅とは同一駅扱いであり、以下のような乗り継ぎ制度がある。 乗車券は西梅田駅、東梅田駅とも相互に使用でき、定期券はいずれの方向に乗車しても区間外となる場合を含めて3駅とも入出場することができる。乗車する駅以外で普通乗車券を購入した場合も自動改札機を通過することが可能。たとえば、御堂筋線に乗車するのに誤って西梅田駅で乗車券を購入した場合は、その乗車券を梅田駅の自動改札機に通して通過できる。 乗り換えが30分以内ならば乗り継ぎ乗車料金で乗車可能である。30分を越えると適用外となり、改めて初乗り乗車料金からの計算となる。 梅田駅までの運賃と同一の普通乗車券で乗り継ぎをする場合は、淀屋橋寄りの改札口にある緑色の自動改札機に限り通過することができる。それ以外の機械を通過する場合はあらかじめ精算機で『乗継乗車券』に引き換えなければならない。また、梅田駅までの乗車料金よりも少ない普通乗車券の場合は精算機で梅田駅までの乗車料金を一旦精算することで『乗継乗車券』に引き換えなければならない。ただし、この乗継乗車券は最終降車駅では差額精算することができる。 阪急との連絡乗車券(天神橋筋六丁目駅経由指定)を利用する場合は、大阪梅田駅⇔梅田駅での乗り継ぎはできない。 大阪梅田駅(おおさかうめだえき)は、大阪府大阪市北区梅田三丁目にある、阪神電気鉄道本線の駅。駅番号はHS 01。 阪神百貨店の地下2階に位置する。 概要 本線の起点であり、同線から分岐している阪神なんば線の大阪難波駅とともに大阪側のターミナル駅として機能している。阪神電鉄で最も利用者数の多い駅である。大阪の2大繁華街の一角キタの中心地梅田に位置し、周辺は大阪市の商業・ビジネスの中心として機能している。 2019年10月1日に、国内外の観光客にとって当駅が大阪市側の中心駅であることを分かりやすくするために「梅田駅」から「大阪梅田駅」に改称された。旧梅田駅時代から、大阪難波駅と同様に大阪側のターミナル駅であることを明確にするため、車内アナウンスでは「大阪、大阪梅田・終点です。」のように案内されてきたほか、阪急の梅田駅と区別するため「阪神梅田駅」と呼ばれたこともあった。駅自動放送においても同様で、阪急の乗り入れる新開地駅や高速神戸駅、乗り入れ先の山陽電鉄線内では「阪神梅田」、阪神電鉄線内では「大阪梅田」の呼称が用いられた。現在でも、直通特急においては当駅行きの列車については駅・列車とも阪神に乗り入れることを明確にするため「阪神大阪梅田」と表示している。 切符売り場では、路線図型の運賃表には阪神全駅の中で唯一大阪難波駅は記載されておらず、阪神なんば線では桜川駅までが記載されている。 当駅 - 神戸三宮駅間を経路に含む通勤定期券を所持している場合、その定期券で阪急の大阪梅田駅または阪急の神戸三宮駅でも乗降することができる。逆に、阪急の大阪梅田駅 - 神戸三宮駅間を経路に含む通勤定期券(IC定期含む)を所持している場合も、阪神の大阪梅田駅または神戸三宮駅で乗降することができる。なお、定期券の券面記載の経路に含まれていない側の途中駅で降りる場合や今津駅での乗り継ぎの場合は別途運賃が必要となる。 本線(武庫川線を含む)- 阪神なんば線の新線区間(九条駅 - 大阪難波駅間)の通勤定期券(大物駅 - 九条駅間を有効区間に含んでいる通勤定期券)を利用する場合、当駅に限りそのまま乗降が可能である。 列車到着時は、大阪難波駅と神戸三宮駅2番ホームを除く他の全ての駅で使用している到着メロディ「線路は続くよどこまでも」は流れず、いきなり「まもなく、●番線に電車が参ります」のアナウンスが流れる(但し、アナウンスの後に流れる、のち新たに追加したオリジナル到着メロディは流れる)。一方、発車時は、シンセサイザーによる発車メロディが流れる。また、注意喚起のため、列車が発車する直前からホームを離れるまで「●番線の電車が発車します、ご注意ください」が繰り返し流れる。 かつて、往復乗車券が発売されていた当時は、当駅には往復乗車券専用の自動券売機が設置されており(阪神全駅の中でも唯一であった)、甲子園球場でイベント(主にプロ野球公式戦や高校野球大会など)が開催される日には大阪梅田駅 - 甲子園駅間の、また尼崎競艇開催時には大阪梅田駅 - 尼崎センタープール前駅間の、十日えびす大祭期間中では大阪梅田駅 - 西宮駅間の、往復乗車券がそれぞれ発売されていた。ちなみに、甲子園球場での高校野球大会が全席指定となる前(コロナ前)は、期間中に満員通知が出た際に限り、甲子園駅との往復乗車券には往路用・復路用ともに縦書きで「(満員)」という表記が加えられていた。なお、阪神電鉄において往復乗車券は2022年9月30日をもって廃止されており、当駅の往復乗車券専用の券売機もそれに先駆けて廃止されている。また、プロ野球開催当日で、甲子園球場・京セラドーム大阪ともに入場券が前売り完売した場合は、(大阪梅田駅以外も含めて)ホームの発車標やLED表示器などでその旨が表示されるほか、自動改札機には「(プロ野球の)入場券をお持ちでない方は球場にご入場いただけません」という貼り紙がなされる。 当駅からの接続路線 Wikimedia | © OpenStreetMap 梅田地区の鉄道駅の位置関係。駅名は右上の四角マークで地図を拡大しアイコンをクリックして表示される。 太字は駅番号。 阪急電鉄 - 大阪梅田駅 (HK-01) HK 神戸本線 - 当駅が起点。 HK 宝塚本線 - 当駅が起点。 HK 京都本線 - 戸籍上の起点は十三駅だが、十三駅を発着する全列車が乗り入れる。 大阪市高速電気軌道(Osaka Metro) M 御堂筋線 - 梅田駅 (M16) T 谷町線 - 東梅田駅 (T20) Y 四つ橋線 - 西梅田駅 (Y11) 西日本旅客鉄道(JR西日本) O 大阪環状線 (JR-O11)、東海道本線(A JR京都線・JR神戸線 (JR-A47))、福知山線(G JR宝塚線 (JR-G47)) - 大阪駅 H JR東西線 - 北新地駅 (JR-H44) 大阪梅田駅(おおさかうめだえき)は、大阪府大阪市北区芝田一丁目にある、阪急電鉄の駅。駅番号はHK-01。 概要 大阪の二大繁華街の一角である「キタ」の中心地・梅田に位置しており、駅周辺は大阪屈指の繁華街・オフィス街である。阪急電鉄(阪急電車)の基幹路線である京都本線・宝塚本線・神戸本線の列車の始発・終着駅であり、同社最大のターミナル駅である。2019年以前は1日約50万人の乗降者数を誇り、西日本の大手私鉄では最も利用者数が多い。また地下鉄等の相互乗り入れが行われていないため、この50万人がそのまま改札を出入りする実数となる。10面9線のホーム・線路数は頭端式ホームの鉄道駅としてはJRの駅も含めて日本最大の規模を誇る。なお、京都本線は国交省への届け出上は十三駅が起点で、十三駅 - 大阪梅田駅間は京都本線の線路は宝塚本線の急行線(途中の中津駅にはホームが設置されていない)という扱いである。当駅から十三駅間は日本の私鉄唯一の三複線(複々々線)を形成している。 関西最大の鉄道交通の拠点である梅田地区の鉄道駅の1つであり、JR西日本のターミナル駅である大阪駅とも隣接している。2019年10月1日に、国内外の観光客にとって当駅が大阪市の拠点駅であることを分かりやすくするために「梅田駅」から「大阪梅田駅」に改称された(同様の理由で京都本線の終点である河原町駅も「京都河原町駅」に同日名称変更を行った)。駅の自動放送や車内放送では開業当初から一貫して「大阪梅田」と案内されており、改称後も変更はない。また、阪神電鉄(阪神電車)の大阪梅田駅と区別して、阪急・阪神の両路線が乗り入れる神戸高速線の高速神戸駅と新開地駅などや、日生エクスプレスが乗り入れる能勢電鉄線内では「阪急大阪梅田」と呼ばれる場合もある。 世界初の駅直結型百貨店(ターミナルデパート)とされる阪急百貨店うめだ本店(大阪梅田ツインタワーズ・ノース)と直結しており、その後の大手私鉄の経営手法に大きな影響を与えた。駅周辺には阪急の各種重要施設が集積しているため、俗に「阪急村」と呼ばれることがある。 第1回近畿の駅百選選定駅。 当駅からの接続路線 下記の駅はいずれも当駅から徒歩連絡が可能である。 阪神電気鉄道本線 - 大阪梅田駅 (HS 01) 大阪市高速電気軌道(Osaka Metro) M 御堂筋線 - 梅田駅 (M16) T 谷町線 - 東梅田駅 (T20) Y 四つ橋線 - 西梅田駅 (Y11) - 阪急との乗り換えには10分程度の時間を要する。 西日本旅客鉄道(JR西日本) O 大阪環状線 (JR-O11)、A JR京都線・JR神戸線(東海道本線)(JR-A47)、G JR宝塚線(福知山線)(JR-G47) - 大阪駅 H JR東西線 - 北新地駅 (JR-H44)- 阪急との乗り換えには12分程度の時間を要する。