新潟市の おすすめ人気 手コキ風俗店

在籍女性の年齢層でお店を選ぶ

10代 20代

20代 30代

人妻 熟女

プレイ・オプションから選ぶ

新潟市のプレイ・オプション 一覧

新潟市の手コキ風俗店で以下のプレイやオプションが出来るお店を表示いたします。

オプション一覧内で文字検索をします。(※アルファベットは小文字、数字は半角で入力)全表示に戻す場合はクリアボタンを2回クリックしてください。

プレイ・オプション一覧 ボタンをクリックすると新潟市エリア内で全てのプレイ・オプションからお探しいただけます。

手コキ風俗「おすすめ店!」PR

広告募集

新潟市の おすすめ人気 手コキ風俗店

Cherish Amulet(チェリッシュ アミュレット)

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~翌4:00 40分 / 7,000円~ 新潟発・近郊 出張 070-2826-2010

ど素人・綺麗・可愛い・ロリ・お姉さん・美少女・モデル・アイドル系!当店自慢の可愛い綺麗な女の子が大集結!普通の風俗店で飽きたお客様は、是非当店の女の子と一度遊んでみてください!非日常的プレイを是非当店で味わってください! コースは3

sleepy girl

手コキ・オナクラ 11:00~翌3:00 40分 / 8,000円~ 新潟市発・近郊 出張 080-6773-4043

Identity(アイデンティティー)

手コキ・オナクラ 12:00~翌5:00 40分 / 8,000円~ 新潟市発・近郊 出張 080-3534-2855

新潟風俗出張アロママッサージ

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~翌2:00 50分 / 9,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-4830-0980

GRACE(グレース)

エステ・回春 (手コキあり) 11:00~last 70分 / 15,000円~ 新潟市発・近郊 出張 025-240-7707

快楽倶楽部 新潟店

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~last 60分 / 9,000円~ 新潟市発・近郊 出張 025-383-6423

癒々(ゆうゆう)

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~翌5:00 60分 / 10,900円~ 新潟発・近郊 出張 080-4422-0450

痴女革命 新潟店

M性感・痴女 (手コキあり) 9:00~翌4:00 60分 / 13,000円~ 新潟発・近郊 出張 025-278-7411

Noel

手コキ・オナクラ 10:00~last 40分 / 7,000円~ 新潟市発・近郊 出張 待ち合わせ 080-7581-9001

sleepy girl(スリーピーガール)

手コキ・オナクラ 11:00~翌3:00 40分 / 8,000円~ 新潟市発・近郊 出張 080-6773-4043

TREND魂

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~last 60分 / 11,000円~ 新潟発・近郊 出張 090-7745-0615

jelma(ジェルマ)

エステ・回春 (手コキあり) open~last 60分 / 15,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-7805-6948

めんずえすてchouchou-シュシュ-

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌2:00 60分 / 12,800円~ 新潟発・近郊 出張 070-8480-6942

Betty

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌3:00 60分 / 12,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-4851-4306

vivi(ヴィヴィ)

エステ・回春 (手コキあり) 9:00~翌5:00 60分 / 8,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-7459-4848

Melt(メルト)

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌4:00 60分 / 13,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-8724-3361

新潟アロマラフィネ

エステ・回春 (手コキあり) 24時間営業 70分 / 13,000円~ 新潟発・近郊 出張 070-2827-9231

アイラフィネ新潟

手コキ・オナクラ 24時間営業 20分 / 5,500円~ 新潟発・近郊 出張 080-2552-3244

Luxury-ラグジュアリー

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌4:00 45分 / 8,000円~ 新潟発・近郊 出張 080-7191-6262

ROMEO(ロミオ)

エステ・回春 (手コキあり) 10:00~翌5:00 60分 / 13,000円~ 新潟発・近郊 出張 070-3190-7400

新潟市に別エリアから派遣可能な手コキ風俗店

BLUE MOON(ブルームーン)

手コキ・オナクラ 12:00~last 30分 / 5,000円~ 燕三条駅発・近郊 (新潟市 派遣OK) 出張 090-2315-5157

まぐろさんいらっしゃ~い

M性感・痴女 (手コキあり) 10:00~翌3:00 60分 / 14,000円~ 三条市発・近郊 (新潟市 派遣OK) 出張 0256-64-8128

三条アロマラフィネ

エステ・回春 (手コキあり) 24時間営業 70分 / 12,000円~ 三条発・近郊 (新潟市 派遣OK) 出張 080-8430-0844

タイトルとURLをコピーしました!

新潟市のプレイ・オプション 一覧

新潟市の手コキ風俗店で以下のプレイやオプションが出来るお店を表示いたします。

オプション一覧内で文字検索をします。(※アルファベットは小文字、数字は半角で入力)全表示に戻す場合はクリアボタンを2回クリックしてください。

新潟市エリアの特徴

新潟市(にいがたし)は、新潟県の下越地方に位置する市。新潟県の県庁所在地及び人口が最多の市であり、政令指定都市である。市域には8行政区が設けられている(後述)。1889年(明治22年)に市制施行。 本州の日本海側では、唯一の政令指定都市であり、最大の人口を有する都市である(77.5万人 新潟市 総人口)。 概要 信濃川河口に位置する新潟市街(2007年 海側から撮影) 信濃川左岸側(西側 写真右)が近世からの市街地(古町)で、新潟駅のある右岸側(東側 写真左)は比較的新しく開発された地域(旧沼垂町や旧鳥屋野村。 コンベンション施設の朱鷺メッセより新潟島を望む。北側(右上)に日本海が見える。 1889年(明治22年)4月1日の市制によって設置された市のうちの1つ。市の中心部にあたる信濃川河口部には、古くから港が開かれ、信濃川・阿賀野川水系の河川交通と海上交通のネットワークが交わる結節点として機能していたほか、新潟港は幕末の日米修好通商条約開港五港の1つとなった。現在でも水陸の交通の要衝である。また大規模農業の改革拠点として国家戦略特区に指定されている。2007年4月1日に本州の日本海側では初めて政令指定都市となった。 旧新潟税関脇に復元された早川堀。明治時代には30以上の堀が存在したが、その全てが昭和30年代までに埋め立てられた。 1950年代まで、信濃川左岸の新潟島中心部には堀が張り巡らされ、それに沿って柳が植えられていた。そのため、新潟市の広報や地元メディアでは「水の都」「柳都(りゅうと)」などの名称で新潟市を紹介することもある。また、多数の漫画家を輩出していることや、バイパス網が発達していることで知られる。 萬代橋、NEXT21、朱鷺メッセ、デンカビッグスワンスタジアム、新潟日報メディアシップがシンボル的存在となっている。 交通 新潟市近郊の主なバイパス網を表した路線図。 新潟市とその周辺は、本州日本海側の交通結節点としての機能を担っている。 鉄道ではJR東日本の上越新幹線をはじめ、新潟駅を中心として新潟県内の上越地方や中越地方、東北地方などとを結ぶ在来線の特急・快速列車が運行されている。 道路交通では、高速道路が新潟市を中心に北陸自動車道、磐越自動車道、日本海東北自動車道が放射状に広がり、万代シテイバスセンターを拠点として高速バスの路線網が県内外の主要都市とを結んでいる。特に県内線の高速バス路線(ときライナー)は市内中心部の繁華街や主要施設に直接アクセスできる利点を活かし、各路線とも高頻度で運行されている。さらに国道・県道などの一般道路においても郊外を経由するバイパス道路網が発達しており、市内外各地への移動や都市間輸送に大きな役割を果たしている。新潟空港は国内外各地に路線網を有し、新潟港は海上交通の要衝として国際拠点港湾、中核国際港湾、日本海側拠点港のうち総合的拠点港に指定されている。 空港 新潟空港 東区の阿賀野川河口左岸側に位置する新潟空港からは、国内各都市および東アジア各都市とを結ぶ路線が就航している。新潟駅からバスで約25分の地点に立地し、市街地からのアクセスは比較的良好である。 新潟県と新潟市では国内線・国際線の路線網拡充をはじめ、県内外各方面から空港へのアクセス改善、航空貨物輸送の活性化など空港の利便性向上を図る活性化策を進め、利用喚起を行なっている。 鉄道 道路 港湾 市域には1858年の日米修好通商条約では開港五港の1つとして指定された新潟港があり、本州日本海側の海上交通の要衝の一つになっている。特定港、特定重要港湾、日本海側の港湾として唯一の中核国際港湾に指定されているほか、日本海側拠点港のうち全国5港の総合的拠点港の一つに、部門別では国際海上コンテナと液化天然ガスの2部門の拠点港に指定されている。 新潟港は、中央区・東区の信濃川両岸を港域とする河口港湾の西港区(新潟西港)と、北区・北蒲原郡聖籠町に跨る堀込み港湾の東港区(新潟東港)の2港域から成っている。東港区には本州日本海側では最大の取扱個数を有する国際海上コンテナターミナルが設けられており、西港区は佐渡汽船や新日本海フェリーの佐渡・北海道・敦賀航路などが発着する。 佐渡汽船 新潟港 - 両津港 新日本海フェリー 新潟港 - 小樽港 敦賀港 - 新潟港 - 秋田港 - 苫小牧港 新潟港-両津港ジェットフォイル 新潟西港の佐渡汽船ターミナル 新潟東港 観光 新潟市の観光入込客数 合計 1,862万人 観光地点 自然 54万人 歴史・文化 372万人 温泉・健康 100万人 スポーツ・レクリエーション 127万人 都市型観光 483万人 その他 45万人 行祭事・イベント 682万人 新潟市の観光入込客数は約1,862万人(2017年(平成29年))で、都市型観光と祭事やイベントなどによる集客が全体の6割を占める。また、新潟県下越地域の観光入込客数の約61%、新潟県全体では約26%を占める。 新潟市の主要な観光地は、港に関するものが新潟島や信濃川周辺に集中する他、農業や自然に関するものが平野部に分散している。 文化財 新潟市内にある国指定の文化財 国の重要文化財に指定されている「萬代橋」の全景 重要文化財 旧笹川家住宅 萬代橋 種月寺本堂 絹本著色不動明王二童子像(法光院蔵) 木造地蔵菩薩半跏像(茂林寺蔵) 彩磁禽果文花瓶 板谷波山作(敦井美術館蔵) 雪村友梅墨跡(北方文化博物館蔵) 菖蒲塚古墳出土品(金仙寺蔵、新潟市歴史博物館寄託) 新潟県議会旧議事堂 旧新潟税関庁舎 重要有形民俗文化財 金刀比羅神社奉納模型和船 天然記念物 鳥屋野逆ダケの薮 月潟の類産ナシ 主な観光資源 行祭事・イベント 音楽・芸能 日本海夕日コンサート NIIGATA JAZZ FESTIVAL 新潟JAZZストリート にいがた総おどり 食・酒 にいがた食の陣 新潟淡麗にいがた酒の陣 新潟クラフトビールの陣 文化 安吾賞 にいがたマンガ大賞 ガタケット がたふぇす わらアート その他 古町どんどん NIIGATA光のページェント 白根大凧合戦 都市型観光 建築物・展望台 朱鷺メッセ NEXT21 新潟日報メディアシップ みなとタワー 工場・酒造見学 新潟せんべい王国 総合車両製作所新津事業所 今代司酒造 グリーンズプラント巻 買物・食 新潟ふるさと村 ピアBandai 沼垂テラス 古町・人情横丁 道の駅花夢里にいつ いくとぴあ食花 花とみどりのシンボルゾーン「うららこすど」 新潟市アグリパーク カーブドッチ そら野テラス 南区の観光農園群 旧齋藤家別邸 新潟日報メディアシップ 新潟ふるさと村 沼垂テラス いくとぴあ食花 歴史・文化 史跡 菖蒲塚古墳 山谷古墳 観音山古墳 古津八幡山遺跡 旧新潟税関 神社・仏閣 白山神社 新潟縣護國神社 弘法清水 平沢清水 平成福寿大観音 妙蓮寺山門 はざ木が残る農村風景(西蒲区) 白山神社 温泉・健康 温泉・保養施設 岩室温泉 多宝温泉 秋葉温泉 花水 田ノ浦温泉 福寿温泉 じょんのび館 小須戸温泉健康センター 新津温泉 白根温泉 緒立温泉 角田山温泉 岩室温泉 自然 海水浴場 河川・湖 信濃川やすらぎ堤 鳥屋野潟 福島潟自然公園 佐潟 上堰潟公園 山 角田山 多宝山 秋葉山 菩提寺山 公園 白山公園 - 日本初の都市公園の一つであり、かつてここに新潟城があったと比定されている。 西海岸公園 天寿園 鷲ノ木桜遊園 旧月潟駅舎周辺公園(新潟交通電車線旧月潟駅と保存車両3両) 石油の里公園(新津油田跡地) 佐潟 スポーツ・レクリエーション キャンプ場 信濃バレー親水レクリエーション広場 水の公園福島潟キャンプ場 新潟市海辺の森キャンプ場 入徳館野外研修場 角田浜キャンプ場 レジャー施設 日本中央競馬会新潟競馬場 新潟競馬場 遊園地 かつては市域内にも遊園地が複数存在したがいずれも現存せず、最寄りの遊園地は阿賀野市のサントピアワールドとなる。かつては西区寺尾(のちに西蒲区越前浜へ移転)の「新潟遊園」や中央区長潟の「鳥屋野苑ファミリーランド」、同区鐘木の「とやのレイクランド」、同区八千代・万代シテイの屋内型アミューズメントパーク「新潟ジョイポリス」などがあったものの、既にいずれも閉園されている。閉園後、新潟遊園のうち寺尾の旧園地の大部分は市が所得し、チューリップ園やバラ園など、かつての施設の一部をそのまま活用した「寺尾中央公園」となっている他、とやのレイクランドは新潟市産業振興センターの臨時駐車場となり、またジョイポリスは商業施設に転換され「ビルボードプレイス2」となっている。他方、オイルショックなどの影響を受けて廃業したファミリーランドの跡地は宅地化され、往時の痕跡はほとんど存在しない。 その他 信濃川ウォーターシャトル(水上バス) オギノ通り(オギノ式を開発した荻野久作医師に因む) 新潟市岩室観光施設いわむろや 文化 江戸期の新潟町は北前船などの往来によって文化が流入し、音楽芸能が栄えていた。中でも盆踊りは一週間近くも踊り続けたといわれ、1843年(天保14年)に初代新潟奉行に就任した川村修就は、「蜑(アマ)の手振り」絵巻物としてその様子を描かせた。明治に入りその祭りは祭禁止令により無くなったが、現在でも伝統芸能を含めた踊りを中心とした文化活動が盛んに行われている。また、新潟市では「新潟市文化創造交流都市ビジョン」を策定している。 祭事・催事 黒埼まつり花火大会の空撮映像 新潟まつり 8月の上旬に中央区の古町地区と万代地区で開かれる祭り。住吉祭、川開き、開港記念祭、商工祭を1955年(昭和30年)に統合したもの。 蒲原まつり 6月の下旬に中央区長嶺町で開かれる祭り。新潟三大高市(たかまち)の一つとされる。 葛塚まつり 9月の上旬に北区葛塚地区で開かれる祭り。 その他の主な祭事 沼垂まつり 松浜まつり 赤塚まつり 黒埼まつり 山の下神明宮秋まつり 新津まつり 小須戸まつり 西川まつり 月潟まつり 伝統工芸 新潟漆器 新潟仏壇・白根仏壇(経済産業大臣指定伝統的工芸品) 豊栄仏壇 鯛車 亀田縞 越後花ろうそく 伝統芸能 月潟まつりで上演される角兵衛獅子(2012年6月24日) 郷土芸能 新潟市には様々な郷土芸能が存在し、その分野は太鼓、木遣、六階節などがある。 新潟樽砧 中央区古町地区に伝わる、木樽を用いた踊りなどの伴奏法。 万代太鼓 中央区に伝わる創作和太鼓の郷土芸能。新潟まつりなどで演奏される。 角兵衛獅子 南区月潟で江戸時代に発生したとされる大道芸が郷土芸能となったもの。毎年6月の月潟まつりで上演されている。 関屋六階節 関屋団九郎地区(旧字名程度の範囲。現在の中央区関屋大川前や関南町などの周辺)の住民に伝わる唄。約120年前に関屋の住民が鳥屋野の盆踊りに出かけ、そこで覚えた鳥屋野六階節を参考にして甚句調に仕上げたとされる。 沼垂木遣 沼垂白山神社の祭礼である沼垂まつりで唄われる。300年以上の歴史を持ち、沼垂まつりの他に大晦日にも披露される。 松浜太鼓 松浜地区で(昭和51年)に地域振興を目的として作られた創作太鼓。勇壮な太鼓のリズムで阿賀野川の四季などの豊かな自然の情景を表現し、松浜まつりなどで披露される。 山の下木遣 山の下神明宮の祭礼や、結婚式などの祝いの席で唄われる。加賀の落ち武者が越後に落ちのびて住み着いたことで伝えられたとされる。 大岩万燈押合 亀田木遣 亀田の甚句流し 木場の棒踊り 酒屋木遣 鳥屋野六階節 袋津燈籠押し のぞきからくり 民謡 『新潟小唄』を踊る古町芸妓(2013年3月16日) 新潟市内に伝わる民謡には甚句、追分、松坂などがある。 越後追分 信州から伝えられ、歌詞の内容には海のことを唄っているものもある。一説には、魚沼地方の船頭唄が原点であるとされる。 新潟小唄 1929年(昭和4年)に三代目萬代橋の開通を記念して、新潟新聞社の委託で北原白秋が作詞、町田嘉章が作曲。 新潟松坂 祝儀唄として祝いの席で唄われる。七七七五調で展開し、囃子言葉には「メデタイメデタイ」と入る。 天野甚句 亀田甚句 酒屋松坂 四季の新潟 長潟藻たぐり甚句 新潟おけさ 新潟音頭 新潟甚句 新潟舟方節 新潟港音頭 新潟港おどり 新潟夜曲 新崎甚句 新津松坂 神楽 蒲原まつりで奉納される蒲原神社神楽(2013年7月2日) 新潟市内に伝わる神楽は、以下の13種がある。 赤塚太々神楽 大形神社神楽 開運稲荷神社神楽 嘉瀬神楽 蒲原神社神楽 金刀比羅神社神楽 酒屋太々神楽 三社神社神楽 サンバイシ神楽 船戸山神楽 直り山伊弉夜神楽 新崎伊佐弥神楽 巻神楽舞 能楽 新潟市における能楽についての最も古い記録は、長岡藩三代目藩主牧野忠辰が1715年(正徳5年)の新潟巡見の際に、4月25日と29日の二回にわたって白山神社で催能したというものである。能楽は武家の武楽であるとされたため城下町ではない新潟には愛好者が少なかったが、宝生流が盛んな地である会津若松、金沢、佐渡が近いため、新潟も宝生流の影響を強く受けていたとされる。 宝生流 新潟における宝生流の歴史は、1857年(安政4年)に石附五作が組織した「新潟和楽会」に始まる。和楽会は1907年(明治40年)に「新潟能楽会」に改称したが、戦後の1966年(昭和41年)に「新潟宝生会」にその地位を譲った。 観世流 新潟における観世流は、1923年(大正12年)6月に新潟県知事である小原新三が能楽師である川本彦作を招いたことに始まる。その後の1924年(大正13年)に川本による出張稽古が始まると、新潟県庁職員や市内の会社員などが多数参加。次第に一つのグループを形成し、「新潟九皐会」へ発展した。 日本舞踊 新潟市における日本舞踊は、幕末に市山流三代目市山七十郎が新潟を訪れて流儀を広め、慶応2年(1866年)に新潟出身の門弟である市山七十世が三代目家元を継いだことから始まる。その後、大正元年(1912年)に藤間流の名取となった藤間小藤が大正3年(1914年)に帰郷してからは、市山流と藤間流が新潟の代表的な流派となった。 戦後になると坂東流や花柳流などの他流派が活動を開始し、1947年(昭和22年)に新潟市邦楽舞踊協会が発足。1951年(昭和26年)には新潟市芸能文化協会が発足し、一般大衆の中に溶け込んでいった。新潟市では、以下の流派が活動を行っている。 市山流 慶応2年(1866年)に新潟出身の門弟である市山七十世が三代目家元を継いだことから始まる。 藤間流 藤間小藤が大正3年(1914年)に帰郷したことから始まる。 坂東流 新潟市出身の坂東勝広が昭和19年(1944年)に空襲が激しくなった東京から新潟に疎開し、稽古場を開いたことに始まる。 花柳流 終戦後の昭和26年(1951年)に花柳寿乃衣が、その当時引揚寮であった山ノ下臨海荘で稽古場を開いたことに始まる。 正派若柳流 昭和26年(1951年)に東京で踊りを指導していた若柳喜寿喜が、結婚により新潟に転居。本町通七番町に稽古場を開いたことに始まる。 吾妻流 昭和28年(1953年)に吾妻春律が東堀通りで新潟春律会を開いたことに始まる。昭和39年(1964年)に有明大橋町に移転。 西崎流 昭和28年(1953年)に西崎美幸が越佐自治会館で美幸会を開いたことに始まる。 芸能 ダンス Noismは、前掲の新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)の専属ダンスカンパニーとして2004年(平成16年)に発足したもので、舞台演出家・ダンサーの金森穣が総合プロデュースを手掛けている。同年発足したメインカンパニーのNoism1と、研修生カンパニーのNoism2から成る。 舞踊芸術作品の創作と、新潟のみならず国内はもとより世界各地における公演を通じて、新潟市の文化振興を図ることを目的としている。公共施設が専属の芸術団体を保有する例は、日本国内唯一。 篠田市政において文化に関しての公金支出が新潟市から多額の助成金があったことから合併後の旧自治体との建設計画などからも財政が酷く悪化し、新潟市の財政健全化の一貫において資金の完全撤退はしないまでも多くの市民から賛同がえられるように「公金を注いでいる価値」の結果を出すように意見が附された。そのことにより従来よりも市民向けにより開放したものが増えた。 Noismの運営資金は、市の外郭団体である公益財団法人新潟市芸術文化振興財団の運営予算と、法人・個人など民間からの協賛金が充当されている。 ローカルアイドル ローカルアイドルの聡明期である2003年にNegiccoが結成。2011年以降にRYUTist、Angel Generation(活動終了)、SLC57(活動終了)が結成された後、2015年にAKB48の姉妹グループであるNGT48が結成された。この中で活動をいまだ継続している中で専用劇場があるのは2023年6月現在ではNGT48のみである。 花柳界 古町芸妓の踊り 中央区には、江戸時代中期に大阪で創流した市山流の舞踊を樽砧などの伴奏によって踊る古町芸妓が現在も残っている。 これは、明治以前の旧来の港町である新潟町(古町)が、港に集まる船乗りたちの相手をする遊廓で栄えていたことに始まる。明治以降に遊郭と花街が分割され、芸妓による芸事のみで客を接待する古町 (花街)が形成され現在に至る。 音楽 新潟市における西洋音楽は、1871年(明治4年)に群馬師範学校から新潟高等女学校に赴任した斎藤正直が、1919年(大正8年)に「如月会音楽研究所」を創設したことから始まる。その後の1924年(大正13年)に新潟県初の混声合唱団「如月合唱団」が創設され、1931年(昭和6年)に管弦楽団である「新潟交響楽団」が設立された。 管弦楽 新潟交響楽団 1931年(昭和6年)秋に、松木明、中村哲夫、桑原丙治等の3人がとなって設立。 新潟大学管弦楽団 前身である「新潟医科大学音楽部」が、1927年(昭和2年)に第1回演奏会ことから始まる。 吹奏楽 新潟ウインドオーケストラ 新潟市民吹奏楽団 合唱 新潟市における合唱は、1919年(大正8年)に設立された「如月会音楽研究所」で男声と女声の二つの合唱が結成されたことに始まる。その後に山際平時の希望により、1924年(大正13年)に新潟県初の混声合唱団「如月合唱団」が創設された。戦前、戦中の新潟市では、わずかに1〜2の職場で細々と歌われていた合唱だったが、戦後になって活動が広まり、1947年(昭和22年)から1948年(昭和23年)ごろには「職場合唱団」を主体として30を超える団体がつくられた。 軽音楽 新潟市内でのライブハウスではインディーズのライブが開催され、2009年にHilcrhymeを輩出している。 ホール・ライブハウス 市域内には県や市及び外郭団体などが運営するホール施設があり、特に中央区の白山公園には公営のホールが3施設集中している。また1980年代以降、中央区などでライブハウスが相次いでオープンし、それぞれコンサートや各種イベントなどをはじめ幅広く利用されている。 主なホール施設 北区 新潟市北区文化会館 中央区 新潟市音楽文化会館 新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ) 新潟県民会館 新潟コンベンションセンター(朱鷺メッセ) 新潟市産業振興センター 新潟勤労者総合福祉センター(新潟テルサ) 新潟市総合福祉会館 だいしほくえつホール(第四北越銀行) ヤマハホール新潟 主なライブハウス 中央区 NIIGATA LOTS GOLDEN PIGS ホールを内包する主な公民館・複合施設 ※=地区公民館を併設している施設 中央区 新潟市万代市民会館 ※ 新潟ユニゾンプラザ 江南区 新潟市江南区文化会館(アスパーク亀田隣接)※ 新潟市亀田市民会館 秋葉区 新潟市秋葉区文化会館 新潟市新津地区市民会館 西区 新潟市西新潟市民会館 ※ 新潟市黒埼市民会館 ※ 西蒲区 新潟市巻文化会館 ※ 新潟市西川多目的ホール(西川図書館内) 白山公園内に所在する3つのホール施設。左から新潟県民会館、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)、新潟市音楽文化会館 映画館 かつて現市域内の映画館は、中心市街地の中央区古町周辺をはじめ江南区亀田地区、秋葉区新津地区、西区内野地区、西蒲区巻地区など郊外にも所在していた。だが、郊外の映画館は映画産業の斜陽化が顕著となった1960年代後半から次第に閉鎖が進み、さらに中心部の映画館も老朽化や集客力の低下などの問題から1980年代以降に相次いで閉鎖された。それに代わって1990年代中盤からはシネマコンプレックスが数多く進出。現在は大手によるシネコン4館と、単館系1館の計5館が営業を行っている。 イオンシネマ新潟西 (西区小新南、イオン新潟西店) イオンシネマ新潟南 (江南区下早通柳田、イオンモール新潟南) T-JOY新潟万代 (中央区八千代、万代シテイビルボードプレイス2) ユナイテッド・シネマ新潟 (中央区上近江、デッキィ401) 新潟・市民映画館シネ・ウインド(中央区八千代、万代シテイ第2駐車場ビル) 名物・特産品 名物料理 笹団子 たれカツ丼 郷土料理 笹だんご のっぺ わっぱ飯 番屋汁 たかぶ汁 寿司 菓子 ティラミス大福 ぽっぽ焼き 柿の種 ご当地グルメ イタリアン タレかつ丼 新潟あっさり醤油ラーメン 新潟濃厚味噌ラーメン バスセンターのカレー 新潟バーガー 特産品 ル レクチエ(写真は追熟後) 農作物 枝豆(くろさき茶豆、新潟茶豆、弥彦娘) 茄子(十全茄子、鉛筆茄子、etc) 女池菜 かきのもと ル レクチエ (セイヨウナシ) 海産物 南蛮蝦(甘蝦) ノドグロ 酒 日本酒 新潟市では以下の日本酒の銘柄15種が生産され、毎年3月には地酒の試飲イベントである新潟淡麗にいがた酒の陣が開催される。 花越路 今代司 越の華 越乃寒梅 越の関 鶴乃友 越路吹雪 伝衛門 越乃梅里 越乃八豊 宝山 峰乃白梅 越後鶴亀 笹祝 雪乃幻 ビール 新潟市西蒲区では90年代から地ビールの生産が開始され、地ビールの試飲イベントである「新潟クラフトビールの陣」が毎年開催される。新潟市内では以下の2種の銘柄が生産される。 エチゴビール 新潟麦酒 ワイン 新潟市西蒲区では地ビールと同じく90年代からワインの生産が開始され、2010年代にワイナリーが増加した。新潟市内で生産されるワインの銘柄は、以下の4種がある。 カーブドッチ ドメーヌ・ショオ フェルミエ カンティーナ・ジーオセット スポーツ プロスポーツチーム チーム 種別 リーグ 競技場 設立 優勝回数 アルビレックス新潟 サッカー Jリーグ 新潟スタジアム 1955年 新潟アルビレックスBB バスケットボール Bリーグ アオーレ長岡 2000年 新潟アルビレックスBC 野球 独立リーグ/BCリーグ:上信越地区 新潟県立野球場 2006年 独立リーグGC1回、BCリーグ優勝1回 新潟スタジアムでアルビレックス新潟の試合を観戦するサポーター アルビレックス新潟の主な練習所などの拠点は聖籠町だが、公式戦はすべて市内中央区で開催される。 新潟アルビレックスBCの合宿所などの拠点は長岡市だが、本社登記は中央区。市内では月間2試合前後ホームゲームを開催している。 2001年(平成13年)に竣工した新潟スタジアム(デンカビッグスワンスタジアム)はJリーグ・アルビレックス新潟のホームスタジアム。2002年(平成14年)には2002 FIFAワールドカップの開催地となり、日本側の開幕戦が行われるなど3試合が開催された。その後もJリーグオールスターサッカーや日本代表戦などが開催されており、サッカー以外にも陸上競技やラグビーなどのスポーツをはじめ、各種イベントが行われている。 また2009年(平成21年)に竣工した新潟県立野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)は、建設構想から約20年の紆余曲折を経て完成した野球場で、BCリーグ・新潟アルビレックスBCが月に1 - 2回ホームゲームを開催する。また同年以降、プロ野球公式戦が開催されているほか、2010年(平成22年)にはオールスターゲーム第2戦が開催された。本州日本海側の都市でオールスターゲームが開催されたのは1996年(平成8年)の富山市に次いで2箇所目。 アマチュアスポーツチーム グランセナ新潟FC (サッカー・北信越フットボールリーグ2部) ASジャミネイロ (サッカー・北信越フットボールリーグ2部) バイタルネット硬式野球部 (社会人野球・企業チーム) JR新潟硬式野球部(社会人野球・企業チーム) 新潟コンマーシャル倶楽部(社会人野球・クラブチーム) 新潟交通硬式野球部(社会人野球・企業チーム ※1963年に解散) 北陸ガス軟式野球部(社会人軟式野球) 他多数 球技 野球 新潟市では戦前から草野球が盛んに行われており、特に市の主催により旧市域を中心に毎年開催されている「早起き野球大会」は全国屈指の規模を有する。この早起き野球は仕事や学業に支障をきたさないよう配慮するため、市内の草野球チームの間で早朝から練習を行う慣例が広がったのが元々の発祥である。1964年(昭和39年)の新潟地震を契機に行政ぐるみで運営に取り組み、1966年(昭和41年)に第1回大会を開催、59チームが参加し「復興のシンボル」とも謳われた。ピークの1981年(昭和56年)には944チーム、約19,000人が参加。これは当時の市の男子人口(約22万人)の1割近くにも及んだ。近年は200チーム前後まで減少しているが、それでも全日本早起き野球協会のデータによれば、参加チーム数は全国28の道府県庁所在地の中で最も多い(早起き野球が行われていない18市と、23区のデータが無い東京都を除く)。また北区や秋葉区、南区、西蒲区などには照明設備が整備されている野球場・グラウンドがあることから、これら行政区の草野球大会は早朝とナイターとを組み合わせた形式で開催されている。この他にも高校野球や社会人野球などのアマチュア野球が行われる。 アニマルスポーツ フリスビードッグ 新潟市は日本におけるフリスビードッグの発祥地である。JFA 日本フリスビードッグ協会 も市内に拠点を置いており、協会主催の大会も多数開催されている。 スポーツ大会 毎年開催されているスポーツ大会 新潟市早起き野球大会 JABA新潟大会 新潟シティマラソン 新潟ロードレース大会 新潟ヒルクライム 新潟シティライド 過去に開催されていたスポーツ大会 環日本海新潟駅伝 スポーツ施設 新潟スタジアムと県立野球場は中央区清五郎・長潟にある新潟県スポーツ公園の園地内に所在する。同公園は2009年(平成21年)秋開催の国民体育大会「トキめき新潟国体」と全国障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」に合わせて整備されたもので、同国体・大会ではそれぞれ11競技が市内各地で実施された。 前述の県立野球場の他に、市域内には硬式野球で使用できる市有の野球場が6球場ある。このうち旧市域には中央区女池南の鳥屋野運動公園野球場あるが、築40年以上を経て老朽化が進んでいる。市では編入市域の合併建設計画の一環として2箇所で新たな野球場の整備事業を進め、西区板井(黒埼地区)のみどりと森の運動公園野球場は2011年夏から、南区真木(白根地区)の新潟市白根野球場は2013年4月から供用を開始している。 陸上競技場・サッカー場 北区 新潟市太夫浜球技場 中央区 新潟県立鳥屋野潟公園新潟スタジアム(デンカビッグスワンスタジアム) 新潟市陸上競技場 鳥屋野運動公園球技場 秋葉区 新潟市新津金屋運動広場多目的グラウンド 南区 白根総合公園多目的広場 西蒲区 新潟市潟東サルビアサッカー場 野球場 ★=硬式野球で使用可能な施設 北区 新潟市豊栄木崎野球場 東区 新潟市中地区運動広場野球場 中央区 新潟県立鳥屋野潟公園野球場(HARD OFF ECOスタジアム新潟)★ 鳥屋野運動公園野球場★ 秋葉区 新潟市新津金屋運動広場野球場★ 新潟市小須戸運動広場野球場 南区 新潟市味方野球場 新潟市月潟野球場 新潟市白根野球場★ 西区 みどりと森の運動公園野球場★ 西蒲区 新潟市西川野球場 城山運動公園野球場★ 新潟市中之口野球場 体育館 ☆=プール併設 北区 新潟市北地区スポーツセンター 新潟市豊栄総合体育館 東区 新潟市東総合スポーツセンター 中央区 新潟市体育館 新潟市鳥屋野総合体育館☆ 江南区 新潟市亀田総合体育館(アスパーク亀田)☆ 新潟市横越総合体育館 新潟市横越体育センター 秋葉区 新潟市秋葉区総合体育館 新潟市新津B&G海洋センター☆ 新潟市小須戸体育館 南区 新潟市味方体育館 新潟市白根カルチャーセンター 西区 新潟市西総合スポーツセンター(コスポ)☆ 新潟市黒埼地区総合体育館 西蒲区 新潟市巻体育館 新潟市漆山体育館 新潟市西川総合体育館 新潟市西川体育センター 新潟市岩室体育館 新潟市潟東体育館 新潟市中之口体育館 プール 北区 新潟市水の公園福島潟遊水館 東区 新潟市下山スポーツセンター 中央区 西海岸公園市営プール 秋葉区 新潟市新津プール 南区 新潟市白根総合公園屋内プール 新潟市味方B&G海洋センター 西蒲区 新潟市中之口B&G海洋センター デンカビッグスワンスタジアム デンカビッグスワンスタジアム HARD OFF ECOスタジアム新潟 HARD OFF ECOスタジアム新潟 その他 北区 新潟市豊栄南運動公園(野球場・屋内ゲートボール場・多目的グラウンド) 新潟市豊栄武道館 東区 新潟市中地区運動広場(庭球場・ゲートボール場) 新潟市庭球場(テニスガーデンにいがた) 中央区 新潟市西海岸公園(少年野球広場) 新潟市アイスアリーナ(新潟アサヒアレックスアイスアリーナ) 江南区 新潟市亀田ふれあいドーム 新潟市かわね公園グラウンド 秋葉区 新潟市新津武道館 新潟市小須戸柔剣道場 新津クレー射撃場 新津カントリークラブ 西蒲区 新潟ゴルフ倶楽部 巻射撃場

ページの先頭へ戻る