世界最古「しっかりと立つ」2千年前のディルドが発掘される!専門家「現代のものと遜色なし。使用済み」|風俗ニュース


 
 昔も今も、性的快楽を追求したアダルトグッズの基本中の基本は「ディルド」だ。日本語で言えば「張形」、電気で振動するようになると「バイブ」になる――。
 

■2000年前の“大人のおもちゃ”を発掘

 
 このディルド、その昔は今のような純粋なアダルトグッズとしてだけではなく、子孫繁栄・子宝の象徴とされ崇拝の対象だったのではないかともいわれている。しかし、やはりセックスの快感は今も昔も変わりない。
 
 記録では、相当昔からこのディルドの存在が確認できるが、今回イギリスの「Daily Mail」紙でレポートされている古代中国のディルドは、おそらく実物が現存するものでは世界最古のモノなのではないだろうか。
 
 今回レポートされているディルドは2つあり、その2つとも約2000年前の漢代(BC206~AD220)のものであるとされている。ひとつは、現在の上海市近郊の江蘇省・儀徴市で発掘されたものである。造形的には、なかりリアルに作り込まれており、陰茎の根本にあたる部分にはリング状の加工が施されている。これは2012年に発掘された後に、儀徴博物館に保管されている。
 
 博物館の学芸員によれば、このブロンズ製のディルドは、前漢時代(BC206~AD)の豪族の墓から発掘されたものであるとのことだ。
 
 もうひとつは、当時の王族が所有していたものではないかとされるもので、2009年に江蘇省のクイ県で発掘された後、南京博物館に保管されている。このディルドも、もうひとつのものと同様にブロンズ製で、やはり造形的にはかなりリアルに作られている。
 
 また、こちらの根本は平らな台座が付けられているような形状で、モノはしっかり自立している。2011年には、このディルドが発掘された墓が、漢王朝の自治王国である江都の初代の王のものであることがわかり、このディルドが王族の所有であることが判明した。
 
 この江都の初代の王は、時の漢王朝の皇帝である武帝の弟とされる人物だったことから、相当由緒正しい「大人のおもちゃ」ということになる。
 
 

シャンプー娘。(埼玉ハレ系)


 

■サンフランシスコで開催中の特別展に出展

 
 この2つのディルドを含めた160点以上にもなる古代中国の発掘品は、今年アメリカのサンフランシスコで行われる「墓の宝物(Tomb Treasures)」と称された特別展に出展されることになっており、実際に見ることができる。この特別展のキュレーターの、ツァン・ファン氏によれば、この2つの展示予定のディルドは実際に使用されていた可能性が非常に高く、近現代のそれと比較して、なんの遜色もなくその役割を果たしていたモノだという。
 
 この特別展には、このディルド以外にも、さまざまな宗教的なアイテム、日常的に使用されていた装飾品などのほかに、性的行為に使用されていたと考えられるアイテムなども展示されるという。そのなかには、銀製のバスタブや、陶器製の小便器なども含まれているという。
 
 普段、博物館などでもこういったいにしえの時代に生きた人々の生活に密接なものの展示となると、なかなかないことでもあり、興味がある人はサンフランシスコまで行って見てみるのもいいかもしれない。展示は、サンフランシスコのアジア美術館で、2月17日から5月28日まで行われるとのことである。
 
いつの時代も大人のおもちゃの愛好家は存在したという事のようですね!下記のリンクから21世紀最先端!?のディルドやバイブで遊べるお店をご紹介しております。新たなる性のページが捲られるかも知れません(笑)
 

 

この記事に興味がある方はこちらも見ています

女王様から地味に嫌われる「虫フェチ」たち ― 30代男の身に起きた特殊な災難とは? |風俗ニュース

   一昔前なら、風俗嬢から嫌われる風俗客といえば、説教をする客、乱暴な客、遅漏の客だった。だが今では、盗撮、盗聴をする客が最も嫌われるという。そんな中、昔から地味~に嫌われ続けている珍客がいるというのだ!    それは・・・

年下の後輩女子に失神するほど手でイカされた…|エロ話

  4歳年下の子に失神させされたことがある。 会社の後輩なんだが、もう最初からいきなり責めモードでずっと主導権にぎられっぱなしだった。 キスだけでビンビンにさせられ、あっというまに射精寸前。   「出ちまう」って必死で目・・・

「変態SMプレイ」は高過ぎる健康効果とクリエイティビティ向上などが最新科学で証明!

   最近では一言に変態セックスといっても、さまざまなプレイスタイルが思い浮かぶ。人によってはソフトSMなどは、ごくごくノーマルなプレイの延長線上にあり、変態プレイとは思わないケースも多いかもしれないが、やはりSM系のプレイは、そ・・・

80代のデリヘル嬢が活躍する時代に…。若さや美しさはいらない超熟女につく20代の常連客。いったいいくつまで「風俗」は通用するのか?

   いざとなったら風俗で働けばなんとかなる、そう考えたことがある女性はけっこういるだろうか。リストラや離婚で経済的な危機にさらされそうなとき、女性にとって最後の頼みの綱になるもの、というのが風俗の一面にある。だが、年齢を重ねるに・・・

「風俗嬢さんの為の護身術講座」に学ぶ、女性が指1本で自分の身を守る方法

    女性のなかで「怖い思いをしたことがない」という人は、ほとんどいないのではないか。暗い夜道で、人のいない路地で、混み合った電車内で、身の危険を感じたことはあっても、どうやったら自分の身を守れるのかわからない。なにし・・・

ラブホテル業界で急速に進む「二極化」の実態

  若いカップルは新法営業ホテルを選んでいる   少子化、セックスレスなど環境変化の荒波にもまれているレジャーホテル(ラブホテル)業界が、新たな活路を見出しつつある。いかがわしい雰囲気を醸し出すいわゆる昔ながらのホテルは・・・


サブコンテンツ

新着 手コキ風俗店

Page Top