SMプレイ中の死亡事故、日本では何罪? 風俗ニュース

■はじめに

 
オーストリア首都ウィーン(Vienna)のホテルで昨年、SM行為を依頼した男性(45)がロープと靴ひもが首に巻き付いた状態で死亡しているのが見つかった事件で、男性の依頼に応じた売春婦(29)に26日、有罪判決が言い渡された。
 
被告は男性の身体を意図的に激しく痛めつけ、結果的に死に至らしめたとして有罪とされたものの、減刑に値する状況があったとして、執行猶予付きの禁錮2年が言い渡された。〈以下略〉

 
何ともいいようのない悲惨な事件(事故)ですが、人の性癖の奥深さを改めて認識させるような事件です。人の性とは、生殖という本能に全面的に支配されたものではなく、まさに意味的な次元、つまり文化の次元での出来事だという思いを強くしました。
 
記事では、「執行猶予付きの禁錮2年」の有罪判決が言渡されたということで、具体的な罪名は書かれていませんが、禁固刑ということからおそらく過失犯が認定されたものと思われます。
 
ところで、このような事件は古今東西を問わずよくあるようで、日本でも実際にいくつかの裁判例が残っています。判例集に掲載されている有名なものを紹介しますが、実はそこには刑法の目的にかかわるような根本的な問題が潜んでいるのです。
 

 
1 2 3

コメントを残す

コメント

サブコンテンツ

最近のコメント

    • twitter
    • twitter

    Page Top