10種類のキスと2つの工夫で驚くほど女性の反応は変わる 風俗ニュース


 
このページでは段階を踏んでキスを整理してみましょう。
 
形としては以下のように
 
1.触れ合いのキス
2.その気にさせるキス
3.エッチなキス、
の3種類に大きく分け更にトータルで10種類に分類することができます。
 
上手くシチュエーションで使い分けるとことで女性の心を掴めます。
 
 

エッチでないリップキス

 
唇の触れ合いでお互いの愛を確かめあうキスです。
 
いやらしい雰囲気ではなく女性への優しさを伝えます。
 
 
■フェザータッチキス
 
唇を閉じて目をつぶり女性の唇に軽く触れるようなキスです。
 
ファーストキスの典型で新鮮さとプラトニックな心を表すキスです。
 
女性が眠っている時などにも優しいフェザータッチキスでロマンチックを演出します。
 
 
■バードキス
 
唇を小鳥のようにすぼめて何度か突くように軽く女性の唇にキスをします。
 
相手への愛おしさや喜びを表現するときに使います。
 
女性に素直に気持ちを伝えることが出来るキスです。
 
ほっぺなどにもすると効果的です
 
 
■スタンプキス
 
ファーストキスやまだ付き合いの初期に行うキスです。
 
相手の唇に自分の唇を軽く押しつけるような感じです。
 
まだ舌を使う前の初々しいキスになります。
 
また恋人や夫婦が離れる際にもあいさつ代わり行うことが多いキスです。
 
 

エッチな気持ちを盛り上げるリップキス

 
相手の口に舌をいれていく過程で気分を更にエスカレートする為のキスの技です。
 
女性を落としていく過程のキスになります。
 
 
■スライドキス
 
唇を半開きにして軽く唇を重ねてゆっくり左右にスライドさせていきます。
 
唇の柔らかなで卑猥な感触を確かめあって気分を盛り上げていきます。
 
微妙な感触で女性を欲情させていくキスです。
 
 
■サンドイッチキス
 
相手の唇を軽く唇で挟んで密着させてください。
 
唇を情熱的に上下に動かして更にお互いの唇の感触を楽しむキスです。
 
女性も次第に濡れてきます。
 
やがて舌を相手の口の中に挿入していきます。
 
 
■スイートキス
 
相手の唇に蜂蜜を塗っているかごとく舌先を相手の唇になぞるように
 
はわしていきます。
 
じっくり相手の唇を舐めまわす感じです。
 
かなりエッチな感じが演出できて女性も次第に興奮を増していきます。
 
舌先の挿入前に行うか、デープキスの途中で変化で入れて楽しみます。
 
 

エッチなデープキス

 
相手の口の中にしっかり舌を挿入する濃厚なキスになります。
 
ここまでくればセックスにそのまま突入です。
 
インサートしてからもエロチックなキスで快感を高め合います。
 
 
■フレンチキス
 
舌と舌をからめ合うキスになります。
 
器用な舌の動きが要求され、この舌の動きによって女性をすっかりその気にさせることが出来るかの勝負キスです。
 
しっかり日ごろから舌先の訓練を積んでおくことが大切です。
 
女性の舌の裏を攻めることがポイントになります。
 
ヘビのように相手の舌に絡んでいきましょう。
 
キスの上手い下手を判断される大切なキスです。
 
 
■スロートキス
 
相手の舌を吸ったり唾液をすったりするキスでかなりエッチ度は高くなります。
 
相手の女性もかなり女性として開発が進んでいる必要がありますが、
 
最高の快感演出になるキスです。
 
お互いの唾液交換は深い関係の象徴です。
 
 
■サーチングキス
 
自分の舌で相手の口の中を探検するキスです。
 
特に女性の上下の歯ぐきと顔の外皮との間を舌で探ったり
 
歯の内側をなぞったりします。
 
唾液線のあたりも刺激してみましょう。
 
女性はうっとりとした状態で受け入れてくれるはずです。
 
勿論、既に体の関係のある女性限定です。
 
 
■ピクニックキス
 
要するに舌を出しあってお互いの舌の舐めあいです。
 
厳密にキスとは言い難いのですが、
 
セックスの最中に情欲を高める為には最高にエロいキスです。
 
AVなどでも興奮を高めるために取り入れられています。
 
女性に「舌を出して」と言って絡めていきます。
 
興奮をエスカレートさせる最高のツールです。
 
 

キスという名の愛撫-お口の中にある性感帯- 風俗ニュース
 女性のお口の中は性感帯の宝庫です。 特に舌の裏側とお口のクリトリスと言われるパーツは逃さず刺激してみましょう。 なかにイッてしまう女性もいるようですよ。  女性のお口の中は性感帯 実は女性の口内には舌そのもの性感帯のほか...
 
1 2

コメントを残す

コメント

サブコンテンツ

最近のコメント

    • twitter
    • twitter

    Page Top