摘発が相次ぐ無修正DVD業者 スマホで簡単に見られる時代に…今も密かに続く裏事情 風俗ニュース

 

スマートフォンが普及し、誰でも手軽にインターネットを利用するいま、お気に入りの映像作品はネットで視聴する人が多い。

 

動画配信サービスが充実してきたこともあり、映像ソフト市場におけるDVDなどの販売・レンタルは減少を続けている。ところが、無修正のわいせつ映像ソフトだけは、儲けが確実なビジネスとして今も密かに続いている。

 

今月初めには、毎年2億円以上売り上げていた無修正DVDの製造・販売グループが逮捕された。なぜ、いまだにこれほどの規模でビジネスを続けられるのか、ライターの森鷹久氏が追った。

 

無修正映像のDVD、いわゆる「裏DVD」を販売していたとして9月7日に大阪府の夫婦が、そして8日には東京都の40代男ら6人が逮捕された。

 

 

夫婦は23万枚以上を販売し5400万円以上の売り上げを、男6人は6年弱の間におよそ16億円弱を売り上げていたという。東京都の事案では、練馬区の住宅街にあるアパートの一室が、DVDダビングなどの製造工場となっていた。

この2件の被疑者たちのビジネスに対するスタンスは対照的だ。

 

男6人は、摘発逃れのためにホームページ販売をせず、独自の顧客リストを作成し、会員のみに販売していたという筋金入りの”裏業者”である一方、夫婦は「会社が倒産し借金返済のためにやった」と供述するなど、素人の所業であることをうかがわせる。

 

 
1 2

コメントを残す

コメント

サブコンテンツ

最近のコメント

    • twitter
    • twitter

    Page Top